黄体期は太りやすい浮腫みやすいだけでなく、顔にも影響。そんな時どうする?

美容コンサルタント 高橋ふみです。

 

生理前の黄体期や生理中はプロゲステロンの影響もあり

体重も増えやすい時期でもありますよね。

 

<関連記事>



黄体期に特にやってほしい内転筋のホームケア

イケてる時イケてない時・ブス期を乗り切るには?

 

 

身体に影響しているということは、顔にも当然影響しています。

コンサル中のクライアント様からの週1報告の際に

黄体期や生理中に…

 

吹き出物が出やすい

 

目元が浮腫みやすい

目が埋まる(浮腫み)

肩凝りがいつもより酷く辛い

 

顔が一回り大きくなった気がする

など様々のご意見があります。

当然私もこういった状態になります^^;

 

黄体期はホームケアが停滞しても仕方がない時期

 

ダイエットと同じで、黄体期停滞する時期でもあります。

これはホルモンバランスの影響なので仕方がないです。

こうして、女性の身体は護られているのですよ♡

 

そして、この時期はセロトニンが減るそうなので

落ち込み易くなったり、イライラしたりするのも仕方がないですね。

 

もう、こういう気持ちの時は

最近は受け入れています。

 

今、私は落ち込んでいるんだなー

イライラしているんだなー

と客観的に自分を見ています。

 

 

以前はネガな気持ちは消そうとしていましたが

これはこれで必要な感情だし

ホルモンの影響だから仕方ない。笑

 

そのうち元に戻るからいいや。
くらいの気持ちで構えています^^

 

それで、外見の変化ですが…

 

先日クライアント様から

「目元がいつもより埋まってしまって、黒クマも酷いんです」

とご報告頂きました。

 

 

そんな時は放置せずに【その時のその状態に合ったアドバイスをします。】

 

黄体期ならではのホームケアアドバイスを直ぐにさせていただいております。

 

先程も書きましたが、黄体期は調子が悪くても仕方がないのですが放置はしません。

 

お客様には色々と細かい状態も報告して頂いておりますが、

当然こういった報告がないと、私の方では把握出来ない部分なので

調子が悪いことに対するアドバイスが出来ません。


きちんと報告、相談をする方は変化も早いです。

アドバイスをキッチリ受け取れる=確実に変化している

ということですね。

 

極々稀にいらっしゃるのですが、停滞すると報告をしなくなるという方。

報告しないとアドバイスが出来ない=変化するわけないです。

(こういったことがないように、最初に同意書を交わすようにしました。)

 

黄体期で目元のクマが酷く、目が埋まった事に対するアドバイス。

 

彼女へのアドバイスは、

栄養面とホームケアの両方が必要だと感じた為

 

排卵あたりから徐々に意識して摂取する栄養素と

 

目元がいつもより浮腫み易いとの事なので、

目元へのアプローチではなく

 

関連している表情筋や筋膜、

リンパ節への的確なケアをお伝えしました。

 

 

いつもは上手く変化していても

女性の場合は特にホルモンバランスの影響をもろに受ける為、こういった時こそ自分にあったケアが必要になってきます。

 

不調になりがちな時こそ、自分の肌、身体に見合ったケアが必要

 

こういった感覚はアラフォーあたりから徐々に感じやすくなるので

自分を労るという意味では凄く重要な部分です。

 

彼女は私のコンサルにお申し込み時、

とにかく外側のマッサージやサプリなどしかやっていない状態だったのですが

 

如何にホルモンバランスや日々の食生活が大切か?というのが良くわかったようで

内側と外側の両面から自分を見つめ直すようになったようです^^

 

 

 

その効果はきちんと外見にも徐々に表れています♡

 

やはり効果が出ている方は、

内側からの部分も凄く意識していますね。

 

これは本当にわかりやすく効果に表れています。

20代30代前半までは余りわからないことかもしれませんが

年齢を重ねるほど、マッサージだけ化粧品だけでは追いつきません。

 

不調な時こそ自分を見つめ直すチャンスだと思っています^^

 

ホームケアの効果が出ない場合は、内側(栄養面など)を見直してみる。

 

 

たるみ専門家 鎖骨美人デザイナー® 美脚専門家

高橋ふみ https://esperanzacorp.jp/

タイトルとURLをコピーしました