日焼け止めを塗るだけが紫外線対策ではありません

美容コンサルタント・高橋ふみです。

 

紫外線がかなり強く成ってきました!!

 

 

紫外線を浴びた時に発生する活性酸素

 

アンチエイジングの大敵の活性酸素は以下があります。


《過酸化水素、スーパーオキシド、一重項酸素、ヒドロキシルラジカル》

 

中でも紫外線を浴びた時に発生する一重項酸素

肌のコラーゲンやエラスチンを破壊して光老化させます😱

→これが紫外線がシミだけでなくたるみやシワの原因です。

 

ジワジワと進んでいく為…

凄く厄介です!!

 

紫外線を浴びたあとお勧め食材

 

この一重項酸素を処理してくれる食材のうちの一つ。

サーモンに含まれる『アスタキサンチン』💕

 

お家でも食べますが、紫外線を凄く浴びたり、足りていないと感じたら外食でも頂いています。

 

その他抗酸化ビタミン(A,C,E)やポリフェノールなども効果的です。

 

ビタミンCはメラニンを抑制作用があるので、紫外線が強い時期はこまめにビタミンCを摂取します。

 

リコピンも大事ですね!

身体の中から紫外線対策

 

 

これをどんなタイミングで食べるか?が凄く大切。

 

日焼け止めを塗ったら、バッチリ!!

これだけが紫外線対策ではありません。

 

※日焼け止めによる紫外線対策は基本中の基本です。

 

紫外線浴びた後の応急処置次第でお肌も身体も大きく変わります。

 

身体、肌を錆びたままにするかどうか?という事ですね。

 

紫外線を浴びて活性酸素(一重項酸素)が発生して、

身体が錆びた状態の上に

更に酸化した質の悪い脂を使ったジャンクフードや糖質だらけのスイーツなどを食べたら、

酸化が進むのは当然です。

 

お肌に関しても同じ。

紫外線を浴びて炎症が起きている状態(乾燥もしている)に対して、どんな応急処置をするか?

これによってメラニンが発動するか?抑制されるか?

 

 

紫外線対策は、スキンケアもインナーケアも大事です(*^^*)

 

 

たるみ専門家 鎖骨美人デザイナー 美脚専門家

高橋ふみ