夏になると浮腫む!という方。こんな事が原因です。

※2020年8月Rewrite

 

美容コンサルタント・高橋ふみです。

 

 

毎年この時期になると聞こえて来るお悩み。

 

 

 

 

 

夏になると更に浮腫む!

 

という方。…多いですよね。

なぜなら

 

・冷房による冷えで血行が圧倒的に悪くなる。

 

・冷たい物の過剰摂取により身体の芯から冷える。

 

・冷房により冷えると発汗量が減り、水分排泄が上手くいかず浮腫む。

 

 

・室内と屋外の気温差により、自律神経のバランスが崩れると

血行が悪くなり、浮腫みが起きるケースも多い。(→私です^^;)

 

 

そして、特にこの時期は

完全なる栄養不足で浮腫みを起こしているケースも多いです。

 

 

つまり、

暑いから…

メニューに素麺やお蕎麦が増える。

 

 

お蕎麦や素麺自体が浮腫むのではなく…

 

時期的に単品になりがちなんですよね。

 

タンパク質が不足すると身体の中で起きること。

 

 

暑くて食欲がないとサッと食事を済ませたい。。。

 

素麺だけ。

 

蕎麦だけ。

 
になりがち。

↓↓

たんぱく質不足になります。

↓↓

タンパク質に含まれる

アルブミンが不足する。

↓↓

アルブミンが不足すると

身体が浮腫む。

 

 

浮腫みだけではなく、

特にこの時期のタンパク質摂取は

 

大人から子供まで、

特にスポーツをする人には

パフォーマンスを上げる為にも必要不可欠。

 

 

 

因みに、

私はOLの時ダイエット中で

 

野菜ばっかり食べていたら

浮腫むだけでなく

 

肌がカッサカサになり

髪の毛もパサパサ

イライラすることが増え
爪も弱くなりました(T_T)

美肌にも、爪にも、

髪の毛にもホルモンバランス、メンタルの為にも大切です。

 

 

真夏でも、バランスよく

たんぱく質を摂取する必要があります。

 

決して「過剰に摂取して下さい」と言っているわけではありません。

適度なタンパク質は必要です。

 

そして、水分摂取の際は

真夏でも極力冷たい物を控える。

 

 

 

とは言え…

これだけ暑いと外出の際は

冷たい物に手が伸びてしまいますよね^^;

 

そんな時は、内臓を冷やさないように

アイスを食べる時は、

温かい飲み物と合わせたり

あとから温かい飲み物を飲んだりします。

 

 

アイスを食べる時は内臓が冷えているのが、凄くわかります。^^;

 

家では、

朝は、熱い紅茶。


日中は、常温のお水、お白湯、脂っぽい物のあとは温かいプーアル茶……等。笑

……これは年中です。

 

 

先日、余りに暑すぎてお家でアイスコーヒーを何杯も飲んだら

胃がキリキリと痛くなってしまいました^^;

 

内臓は絶対に冷やさない!

 

 

内臓が冷えてしまうと、

 

代謝が落ちるて浮腫みが酷くなる他

ホルモンバランスが乱れたり


自律神経のバランスが乱れます。


なので、冷たい物もほどほどに。

食べたら温める習慣を付けるようにしてみて下さいね^^

 

そして、内臓が冷えていると感じたら

呼吸法を取り入れるようにしています。

 

これも自律神経のバランスを整える為に必須ですね!

第二の心臓と呼ばれるふくらはぎは冷やさない。

 

そして、

冷えは、浮腫みの原因なので

 

朝起きたら直ぐに

レッグウォーマーか五本指着圧ソックスを履く!

 

 

 


これも、年中です^^

第二の心臓と呼ばれるふくらはぎは冷やさない。

そして、浮腫まないように適度に筋トレを日常の中に散りばめておく。

適度な筋肉を付けるようにして、更にマッサージで流す。

 

鍛えるだけではありません!

 

お家で履いているソックスですが…

 

足の指を開くことによって

冷え改善、血行促進、浮腫み解消に繋がるので

私は基本的に五本指の着圧タイプを愛用しています♡

 

 

 

夏用(限定)もありますね♪

 


真夏でも

足を浮腫ませたくないならマストアイテムです。

 

常に浮腫まない為にアプローチしています。

 

これからの時期特に

浮腫みたくない。

脚を太くしたくない。

……なら

 

内側からも外側からも浮腫み対策は万全にしましょう(*^^*)

 


但し、浮腫みのタイプも色々なら脚のタイプも色々なので

それぞれのタイプに合ったアプローチ法があります。


マッサージ法やストレッチ。

日常生活の中に組み込める事ばかりです^^

 

やらないと気持ち悪くなるくらい習慣化します。


こちらは数年前の私の脚の変化です(数ヶ月くらいです)

 

内側からと外側からのアプローチを徹底すると数ヶ月で脚の形も変わります。

ふくらはぎ、足首、太腿のメリハリを作ってくれるのにマストアイテムがこちら。

 

セラバンド

 

 

これを正しく使い、色々な角度で脚に刺激を与えることによって

足首、ふくらはぎ、太腿(後ろも)などがそれぞれ鍛える事が可能で

メリハリある脚が作れます。浮腫みもかなり減ります。

 

 

 

とにかく浮腫ませない為には…(まとめ)

 

まとめると、身体や脚と浮腫ませない為には

・身体を冷やさない(内臓からも外側からも)

・適度に筋肉を付ける

・炭水化物だけに偏らないで適度にタンパク質を摂取する。(当然野菜も)

・自律神経のバランスを整える為に深い呼吸をする。(私はみぞおちを意識したオリジナルの方法です)

 

 

そして毎日自分の身体を向き合う=ホームケアを行うことは

「必死」の行動とは全く違い

自分の事を大切にすると言うことです。

 

 

自分の事を大切にしたり

自分の脚を労ることによって、

開運しますよ☆

 

たるみ専門家 美脚専門家 鎖骨美人デザイナー

高橋ふみhttps://esperanzacorp.jp/