鼻の下が長い。短くしたい!原因と改善例。

美容コンサルタント 高橋ふみです。

 

ムシムシとした暑い日が続きますが、なんだかスッキリしないお天気。

カラッとした梅雨明けは8月になるとか^^;

 

気圧の変化や室内と屋外の気温差によって、自律神経のバランスを崩しやすい季節でもあるので常に身体の声を聞いてお過ごし下さいね♪

 

 

※文章のコピペ、お客様の写真のビフォー・アフター無断掲載は固く禁止させて頂きます。

コロナ禍に於ける健康や美容面での影響は?

 

 

先日リピーター様のコンサルを数回Onlineにて行いました。

3回のコンサルを終えて約1年。

新たな疑問点や気になる点、復習したい点など。今の彼女の状態だけに合ったホームケアのアドバイスを行いました。

 

全く状況が変わり、コロナ禍での在宅勤務というお客様も増えています。

 

ずっとお家にいるのでPCに向かう時間がいつもより増えた方も多く、姿勢や肩凝り、首凝りからくる顔への悪影響(たるみ、ほうれい線他)もあれば、

外食や付合いでの飲みが減りお家で健康的な食事をするようになって痩せたという声や肌が綺麗になったというお声も挙がっています^^

 

外出の際、常にマスクを付けている為、表情が豊かではなくなっていると感じるという意見や、マスク装着によって呼吸が鼻呼吸ではなくなっている方も増えています。

 

鼻呼吸と口呼吸についてはこちらの記事にも書きましたが、口呼吸をすると健康面で様々な悪影響があると同時に、美容面から見ると顔が長くなります。

何処に行っても口呼吸は駄目な理由。

 

だからと言ってマスクをしないのはなく、意識出来る事をすれば良いのです。

 

コンサル終了1年後、今の状態に合ったアドバイス。

 

…そんな時の話も織り交ぜつつ、Onlineにて以下のレクチャーを楽しく行いました♪

 

 

●マスクを付けている時でも出来る小顔対策(たるみ対策)

当然、手を使わずにバレずに行える方法ですが、表情筋より更に深い部分からしっかりと動かす事が出来る為、気付いたら頬の位置が自然に常に上がっているという効果があります。

実際、私がこれを継続していたらちゃんと顔の形が変わって来た上に笑顔が作りやすくなりました。

 

 

●再度出没したほうれい線改善方法

以前こちらにも書きましたが、ほうれい線はホームケアで改善出来ても普段の癖や姿勢、ストレスなどによってまた出来ます。(ほうれい線だけに限らずですが)

現在の彼女のほうれい線の原因となっている部分をしっかりと捉え、ホームケアを伝授した結果、現在のほうれい線は徐々に改善されました。

 

●顔の下半身が長くなってきた。とのことで復習&新たなケアの伝授

PCに向かう時間が長く(下を向く時間が長い)なると、僧帽筋を始め、胸鎖乳突筋や広頸筋といった首周りの筋肉が凝り固まる為、顔のたるみ(顔の下半身が長くなったり)やほうれい線だけでなく、首のリンパの流れも滞る為顔全体的なくすみなど肌への悪影響もあります。

何度もBlogで増えていますが、顔のたるみは首や背中の筋肉と大きく関係しています。

 

そして本日のテーマ。

 

●鼻の下が長くなった、鼻の下の二本線が目立つようになってきた!!

こちらですが、顔の下半身へのアプローチと被るところが多々あります。そう言えば…私も自分のこの写真↓を見て「気になる!」と思いました^^;

 

鼻の下が長くなる原因は?

 

鼻の下 が長くなった・線が目立つ・など鼻の下に纏わるアレコレ。

この気になる部分は、口輪筋ですね。

 

 

唇をグルっと囲むように付着している表情筋。

横から見るとこんな感じ。

 

※画像はWikipediaよりお借りしました。

 

正面から全体的にみる口輪筋。

 

※画像は私自身が購入し、表情筋を記入したものです。全く同じものは存在しません。

 

口輪筋の衰えが原因!

…と言いたいところですが

口輪筋だけが原因ではありません。

 

表情筋は単独で動くのではなく、周りの表情筋と連動している

 

少し大きくします。

口輪筋はこのように…

 

 

殆どの表情筋と繋がっています。

まず、笑顔を作るのに重要で頬をふっくらさせる頬の大頬骨筋、小頬骨筋の他、口角を外側上方に引く役割がある笑筋、その上にある頬筋

顎の部分では、オトガイ筋、下唇下制筋、口角下制筋などとも繋がっています。

 

更には広頸筋は、口角や顎を下に引く作用がある為、上記の口輪筋と繋がっている表情筋と関係しています。

広頸筋はこちら。

 

※画像はWikipediaよりお借りしました。

 

 

鼻の下だからと言って、その部分には触れませんでした。

 

鼻の下…というと、どうしてもダイレクトにガッツリと触れたくなりますが、

上記の表情筋の繋がりを把握すると、敢えて今回は鼻の下には触れませんでした。

 

頬をふっくらさせる(大・小頬骨筋)や口角を外上に引く笑筋などが衰えることによって口輪筋も弱りますし、

下唇周辺(顎周辺)のオトガイ筋、下唇下制筋、口角下制筋などが衰えたり、この部分に癒着があると当然下に引っ張られるので、鼻の下も顔の下半身も伸びます。

 

 

鼻の下だからと言って、そこに原因があるわけではないですよ♪

これらと関係が深い広頸筋も又、重要ポイントです。

 

鼻の下だけでなく、顔の下半身自体がキュッと締まった。

 

現在の状態に合うホームケアを継続して頂きました。

約3週間後。

鼻の下の変化と共に、顔の下半身自体がキュッと締まりました。

 

彼女は、去年コンサルを受けて頂いた際に顎の部分に梅干し?のようなゴツゴツ感があったのも気になっていたのですが、そちらは殆ど消えました。

 

 

会話の中で、「顎の梅干しは殆ど無くなりました!」と出てきて「そう言えば有りましたよね!」と思い出したくらいでした。

 

ジワジワ、確実に、気付いたら…というのがポイントですね!

 

お顔自体が短くなっているのがわかりますが、その他横顔は別人のようになっています。元々口周りに関しては気になる部分が多かった為「細かい部分より全体像。長い目でじっくり改善していく」という方針です。

 

鼻の下だけと考えるより顔全体として捉える。

 

ほうれい線の記事でも触れていますが、その部分をダイレクトにアプローチするのではなく生理解剖の観点から、表情筋は単独で動くのではなく周りの表情筋や筋膜の影響も受けながら動く為、全体的な繋がりを見てアドバイスをしています。

 

余り細かい部分、小さなシミやシワは気にしないほうが良いです。

その方が綺麗に変化します。

 

執着になってしまうからですね。

 

 

内側から出るツヤ感やオーラこそが大切です!

 

 

私自身が顔を変える事が趣味でもありますが、実際は余り小さな事は気にしていません。笑

何故なら…

ふみメソッドの絶大なる効果と、100%の回復力を信じているからです。

 

敏感な体質なので肌に小さいブツブツが出てしまうことだって多々ありますし、今は首〜鎖骨にアトピーが出ていますが…、これも治らないわけないくらいの感覚で集中ケアをしているところです。

色々とトラブルが起きる体質ですがナーバスにならないで過ごせる性格です。これも執着が入ってしまうと、なかなか治りませんからね♪

 

内面は外見に反映します。

素敵に年齢を重ねる為には、内側から醸し出すオーラが大切です☆

 

 

ホームケアの際、イメージトレーニングを取り入れているのも

こういった理由からです。

 

まずは自分の軸を整える。特に今は大切ですね♪

 

リモートワークにお勧め品♪

 

リモートワークが増えて、会議などZOOMという方が多く、その中で「カメラに映る自分にショックを受けた!」という声が挙がりだしています。

特に、目元のクマ(黒クマ)や肌のくすみなどは光や角度によって酷くみえがちなので、こういったライトを使うと気持ちもだいぶ違います。

やはり自分を綺麗に見せる事は気持ちの面でも重要ですから、使うか使わないか?と言ったら使った方が絶対良いです♪

 

お値段もお手頃ですし、Onlineじゃなくても普段使いでも便利ですよ♪

 

 

たるみ専門家 鎖骨美人デザイナー® 美脚専門家

高橋ふみ https://esperanzacorp.jp/