見た目の艶っぽさ、キラキラ感を作っているものは何物か?

美容コンサルタント 高橋ふみです。

 

 

女性は7の倍数で体質や肌質が変わると言われていますね!

その7の倍数だった42歳の頃にも同じような事をamebloに書いていた記憶があります。

早いもので来月46歳。あれから4年も経つんですね。

 

 

 

私がblogでもよく触れている

女性ホルモンについて

 

実は、ホルモンバランスが原因で肌荒れ、たるみ、シミ、シワ、浮腫みなどを引き起こしている方が凄く多いのです。

でも、表面に表れている事の原因がホルモンバランスだと気付かない方が多いです。

 

自分の不調がキッカケでした。

 

私は20代前半OLの頃からホルモンバランスを崩して

婦人科に通っていました。

完全なるストレスによる暴飲暴食や不眠などが原因だったと思います^^;

 

更には、

2001年に結婚したものの、なかなか妊娠出来ず

病院での治療は勿論
不妊鍼治療したり

 

「良い!!」

って言われるありとあらゆる物を試して来ました。

 

ですが、

不妊治療や針など「妊活の為に行っていたことを一切止めたら」

自然妊娠しました。

 

結婚9年目で念願の第一子を出産しました。

 



…ですが

今度は、産後ホルモンバランスの乱れにより

肌荒れや激ヤセを経験しました。

 

本当に酷くて、メイクでは隠せない程のボコボコのニキビや

授乳中にありがちな止まらない食欲。


そして、この時点で

ようやく女性ホルモンについて
深く追求することになりました。


人間って頭でわかっていても
なかなか行動出来ない生き物ですよね。苦笑

 

 

自分が、凄く悩んだり

絶対にコレを解決したい!!

もうこんなの嫌!!

抜け出したい!!!

って思わないと

 

決断出来ない生き物だと・・・

私は自分の経験を通して感じています^^;

 

デリケートな問題だからこそ、言いづらい。。

 

でね、妊娠をなかなか出来ない…不妊の悩みってデリケートです。

辛いですよね。

本当に辛い問題なんです。

相当仲良しの友達でもなかなか相談出来ません。

 

 

私は、26歳で結婚しました。

結婚してから直ぐに美容業界に入り、最初は仕事一辺倒でした。

 


結婚して4年くらい経ってから

「そろそろ子供欲しいよね?」

ってなっていたわけですが

 

有り難い事に仕事も忙しくなっていました。

色々なストレスも半端なくて

ホルモンバランスが狂いまくってました。

 

 

本当に今直ぐ治療開始しないと

マズイくらいの数値レベルだったんです^^;

 

と当時の主治医にしつこく言われていました。

黄体機能不全というものでした。

 

土足感満載なアドバイスは不要。

 

やっと結婚9年目に

念願の男児を出産したわけですが、

 

産後に、リウマチを発症しました。

「二人目どうするか?」って言う話になった頃

私の身体に異変が起こりました。

 

 

夜中に息子を抱っこすることが出来ないくらい

握力が低下しました。

握力どころじゃなく、

夜中に息子が泣いても

身体が痛くて痛くて、自分の身体を起こすことすら出来ないんです。

 

メンタル鉄⁈笑

の私ですら

母親としての自信を無くしかけていました。

 

そんな時


二人目は???


兄弟がいないなんて可哀想だよ?

 

次は女の子にしたら良いのに!!

 

誰だオマエ?!

くらい、うすーーーーい関係の人間からのアドバイス。

 

本当にいるんですよね、こういう土足感満載のBBA。笑

 

 

 

これは今だから書けることです。

 

女性ホルモンの問題って、とってもデリケートなんですよね。

 

身内でも言えないことが沢山あるんですよね。

だから赤の他人は介入するなって事ですね。

 

女性ホルモンについて深く追求するようになったのは、

こういった経緯があって・・でした。

 

経験してきた事、だから

追求した事じゃないと書けません。

 

地味な事の繰り返しが、間違いなく自分を変える。

 

自分の不調をキッカケに、女性ホルモンの事を深く追求するようになり

色々な事を変えてみました。

 


食生活をガラリと変えてみたり。

 

黄体期に敢えて摂取する栄養素を変えてみたり。

 

ホルモンバランスに振り回されない美肌を作る為に、スキンケアのタイミングやマッサージ法を変えてみたり。


女性ホルモンを整える筋肉を鍛えてみたり。



対処療法的な事だけでなく、自発的に身体を絶対に冷やさない生活をしてみたり。

 


そんな簡単で地味な事こそ

 

毎日続ける事こそが大切だと
アラフォーになって実感しました。

 

年々艶や張り、弾力がなくなる理由の一つも…


年々艶や張り、弾力がなくなる理由も

卵巣機能の低下によるエストロゲンの減少が一因でもあります。

他にも原因はあるのでまた書きますが、ここは凄く大事です。


高級化粧品を塗りたくる前に
まずは、ホルモンバランス有りきですね。

 

例えば…


手羽先や卵のコレステロールは女性ホルモンの見方です♪

 

コレステロールが高いのは絶対駄目!なんて事はないです。

 

 

 

見た目のキラキラ感、艶っぽさは結果論。

 

こちらにも書いてありますが

女性ホルモンは、いきなり卵巣からポーンと分泌されません。

 

「女性ホルモンを出して下さい」と卵巣司令を送っているのが

脳にある下垂体と視床下部。

 

この視床下部こそが、自律神経の中枢です。

 

良く自律神経について書いていますが、

女性が女性として生き生きと過ごすためには欠かせない事なのです。

 

美肌だとか、くびれとか…つまり見た目のキラキラ感☆☆

これ自律神経、ホルモンバランスが関係していますよ。

 

 

結果論です。

綺麗になるのは。

 

つまり、外側の為にはまず内側から整えるということですね!

 

女性ホルモンバランスを整えてからの変化。

 

こういった経緯があってこそ書けるBlogですが

日常にホルモンバランスを整える事を色々取り入れるようになってから

生理不順や生理痛が減っただけでなく

代謝が上がりやすくなり

イライラもかなり軽減。

 

更に肌にハリと弾力が戻りました❤

 

40歳以降、体重が増えたにも関わらず

肌やスタイルを褒められる事が増えました。

代謝とホルモンバランスは凄く関係が深いですからね。

 

今日から、食事だけでも意識してみて下さいね❤

食べないダイエットなんてお終いですよ♪

 

 

最後に、私自身たまたま治療を止めたら妊娠出来ましたが、それまでは沢山西洋医学には頼って来ましたしお世話になったと思っています。医学の進歩は素晴らしいです。必要な人には必要ですので、妊娠だけではなくホルモンバランスについて本当に悩んでいる方は信頼出来る婦人科の先生を見付けて相談してみて下さい。その中で枝の一本として食事やホームケアを気を付けてみることは必要だと思います!

 

 

たるみ専門家 美脚専門家 鎖骨美人デザイナー

高橋ふみ https://esperanzacorp.jp/