カラスの足跡(目尻のシワ)をどうにかしたい!原因と【アイクリームの塗り方】

※2020年5月Rewrite

 

美容コンサルタント・高橋ふみです。

 

【カラスの足跡を無くすキャンペーン⁈】

 

目尻のシワの事なんですが(笑)

 

この記事はamebloの方で過去何度か書いていましたが(ameblo退会しているので)気になる方が多いと感じています。

 

笑った時にここのシワができると魅力的だなぁと感じる女性は沢山います✨

 

 

男性も同様、私は結構このシワ好きです♪(岩城滉一さんとかカッコイイですよね〜♡)

男性のお客様からも「目尻のシワが深くなった!!」と相談を受けた事が有りましたが、

「その方がカッコイイと思います!」と応えつつ…

本人は気になるもんですよね。→私もです^^;

 

目尻のシワの原因

 

これはもう、目元に限らずですね。おでこのシワ眉間のシワも同じです。

 

●表情癖によるもの

 

●乾燥

 

●老化による表情筋の衰え(眼輪筋が影響)

 

目の周りをグルっと覆う表情筋。

 

※画像は私自身が購入し、眼輪筋を記入したものです。

 

●紫外線

…紫外線はシミだけではなく、たるみやシワの原因にもなります。

 

笑いジワは魅力的!!でも少し改善したい!という方に

 

施術で実際私が実践してマッサージを

どうにかホームケアで出来ないか?とトライアンドエラーを繰り返したところ

目尻のシワが改善した方法。

 

アイクリームの塗り方1つで目尻のシワの状態が全く変わります!!

 

 

・目尻のシワにアイクリームを塗る

 

・写真のように親指で目尻を抑える

 

(右目の場合は、左手で。左目の場合は右手で)

 

・シワを伸ばすイメージでこめかみまで親指をスライド

 

・こめかみまで行ったら、少し上にスライドする。

 

 

個人差がありますし、チカラは弱過ぎても効果無いし、

強すぎると余計シワになるので、注意です。

 

 

絶妙なチカラ加減を見付けてみてください♡

 

こんな感じですね。必ずテンションを掛けて行うことと、こめかみまでスライドすること。

 

 

皮膚に絶妙な圧を掛けながら行うとしわ予防になります。

但し、必ずアイクリームを使う事。

 

私はかなり改善されました(*^^*)

 

こめかみをしっかり押さえる事・目尻のシワをスライドする際は少し圧を掛ける(強すぎない程度に)そうするとシワ予防になります。この際は上に向けて(理想のシワの方向)塗る。
 

目元用クリームはこの辺りをアイクリームとして使っています。

 

目元専用!!!というアイクリームは私は何年も使っていません。

でも乾燥の酷い冬でもかなりシワが改善されたのです。

 

友人の会社が出している

ナマコ入馬油

 

IT会社ですが、何故かナマコ。笑

 

最初、「本当に効くの〜!?」って思っていたんですが、めっちゃ効いているし艶も出る!!

カサカサに乾燥する真冬に敢えて使ってみましたが、肌の艶感は勿論、目元のシワシワがかなり改善しました。

(ごめん!!疑って。笑)

しかも極々少量でもかなり効いています。

 

 

そして、こちらも目元にも大活躍。

ナマコといえば、マレーシアのセントラル・マーケットのニルマラサリで購入した

ナマコクリーム。

 

ナマコ入り…というのは変わらないのですが、テクスチャーが全く違います。

夏はマレーシアで買った写真のクリームを使い、冬は馬油の方が肌にしっくり来ます。

勿論、目元だけじゃなくて肌全体に使えますよ♪

 

※ご紹介した二点は目元専用として作られているわけではないので、目に入らないように自己責任の元ご使用くださいね。

 

シワにもやっぱり食べ物が大事‼︎

 

やっぱり肌には、普段から口にする物が超大事です。

 

【驚異の抗酸化パワー・アスタキサンチン】

 

アスタキサンチンと言えば鮭がよく知られていますが、

イクラや桜海老も!

 

これからの季節、如何に紫外線による活性酸素から肌を守る事を意識するか?

によって肌状態は全く変わります。

 

シミやシワだけでなく、食事内容を普段から意識しておく。

綺麗に年齢を重ねる食事法 色々

 

紫外線が強い時期は普段通りのスキンケアでは予防が難しいと実感しています。

活性酸素は、シミ、シワ、たるみの原因であり

上記の目尻のシワ対策に加え食べ物も意識してみると、肌状態はかなり改善されますよ!

 

夏を満喫しながらシミを作らない方法はあります。

日焼けを無かったことにしちゃいましょう。

 

スキンケアとインナーケアを同時に行う方法を身に付けてしまえば最強

 

 

●如何に紫外線対策&アフターケアを正しく継続するか

 

●日焼けした後が肝心!(スキンケアと栄養摂取のタイミング応急処置)

 

●メラニン抑制の為に必ず行うスキンケア2点

 

●肌質を変えてくれる化粧品の見直し

 

●普段から口にするものは肌に影響大。

 

●スキンケア方法の見直し。

 

5年前からこの時期はシミ対策のセミナーを行って来ましたが

年数も経ち…私自身の肌質も体質も変わって来た為スキンケア法を見直しました。

 

方法が変わらない部分も一部ありますが、

使う化粧品も見直しましたし、シミを消す秘薬?!の中身も見直しました。

(セミナーに関しては現在は行っていません。全て個別コンサルに切り替えて行っております)

 

更に、息子の留学でマレーシアに暫く住む予定なので(コロナの影響でいつ行けるかわかりませんが)日本に居る時と同じスキンケア方法では肌が追い付かないです。

正直、紫外線の強さが全く違うので今までのシミ消し方法は効かないかと。(やらないよりマシですが)

 

その時、その場所にあった方法が都度必要になりますね!

でも目尻のシワ対策に関しては変わらないと思います。

 

たるみ専門家 鎖骨美人デザイナー 美脚専門家

高橋ふみhttps://esperanzacorp.jp/