毛穴(小鼻の黒ずみ)NG食生活

※2020年5月末Rewrite

 

美容コンサルタント 高橋ふみです。

 

毛穴のお悩み。色々なタイプがあるのでまずは自分の毛穴がどれなのか?見極めること!!

ですね!

 

以下自分の毛穴の見分け方過去記事ですが、1つだけに当てはまらずミックスされているタイプの方も多くいらっしゃいます。

例えばTゾーン(おでこ〜小鼻)と頬の毛穴のタイプが違うとかは多いですね。

 

 

貴方の毛穴はどのタイプですか?

 

毛穴対策・摂取した栄養素を以前書きましたが

 

毛穴が気になる方は意識してみましたか?

 

 

今回は

毛穴対策・NG食生活。

 

これは以前のBlogでも何度もお伝えしていますが、
良質な油を摂る事をオススメしているのに反して極力避けたいのが

 

・酸化した油(ジャンクフードや、ファーストフードなどの油)

・トランス脂肪酸(マーガリン、植物性油脂、ショートニングなど)

 

 

普段から食べている人は余り気付かないと思いますが、

普段殆ど食べないのにたまに口にすると舌にねっとり残る感触がありますよね。

まさに、最近久しぶりに食べた大好きなお菓子で感じました。。

 

この感触は恐らく、サクサクした食感を出すのに使われているショートニング(トランス脂肪酸)ですね。

 

かと言って、ゼロにはせず時々食べたいな〜と思う時に食べる程度にしています^^

 

過剰摂取によって表れる肌や身体への症状

 

私は身体も肌も敏感なので直ぐに異変が起きます。

例えば、肌の場合は普段食べない脂を摂取すると、普段出来ない場所に吹き出物が出たり、毛穴になったり…。

身体で言うと、関節(持病)が痛みます。

正直過ぎる体質ってある意味有り難いです^^;

 

 

上記のような物を食べ過ぎると、過酸化脂質※が蓄積されます。
これが活性酸素の元になり毛穴が黒ずみます。

(※過酸化脂質とは、コレストロールや中性脂肪と言った「脂質」が活性酸素によって酸化された物)

特に、小鼻の毛穴(黒ずみ)を気にされてる方は注意が必要です。

 

(もちろんスキンケアも大事ですよ♪)

毛穴対策・NGスキンケア(保湿命)

 

糖化毛穴の注意点

 

あとは、糖化による毛穴も注意点があります。

 

お家で食べる時は、お気に入りのお皿でコーヒーなどと一緒に頂きましょう♡

時間と量、タイミングさえ守れば問題有りませんが

 

食べすぎ…白砂糖などの摂り過ぎで、
たるみ毛穴を引き起こしている方も多いです。

過去の私が正に糖化肌で毛穴が酷い状態でした。

チョコの食べ過ぎね。。^^;

 

食べるなら上質なカカオを使用したチョコを♡

ちょっとだけ!

(…とはなかなか行かないのがチョコの変態の困ったところ・・ww)

 

甘いものを摂取する時の注意点としては

(特に糖質と脂質がミックスされたようなスイーツ→洋菓子系)

3時以降食べない、量を食べすぎない(まぁ、当然ですが^^;)

コーヒーなどと一緒に摂取する。

ながら食い、立ち食いは絶対しない。(→食べすぎてしまうので)

 

高級化粧品に頼る前に…

 

毛穴が気になる!という方は

毛穴専用の高い化粧品に手を出す前にまずは食生活を改善してみて下さいね。

 

毛穴と一言で言っても、色々なタイプがあるのですが

乾燥毛穴の方は、油抜きはNGです!

 

良質な油(亜麻仁油、EXオリーブオイル、インカインチオイル、シソ油など)を
適量摂取するようにして下さいね♪
良質な油を適量摂取(1日に小さじ1くらいです私は)
することは、肌の潤いだけでなく女性ホルモンのバランスを整えるにも大切。

 

去年の夏はSUPER猛暑で身体にも肌にもダメージが自分が思っている以上にありました^^;

お肌に敏感な方は直ぐに感じますが、後から…冬になって気付く方もいます。

 

シミだけでなく、乾燥、毛穴、浮腫みはイキナリ出没するのではなく
じわじわと潜在化してある日ブワっっと出没します。

 

 

・普段のケアが自己流になっていて肌のダメージが改善出来ない

・私が実際行っている食事やホームケア習慣を知りたい

・夏になる度に、肌が老化する

 

…という方が毎年多くいらっしゃいます^^

情報に踊らされるのではなく自分だけの方法を身に付けて下さいね♪

 

 

たるみ専門家 鎖骨美人デザイナー® 美脚専門家

高橋ふみ https://esperanzacorp.jp/

タイトルとURLをコピーしました