乾いた女を卒業したいなら、粘膜強化すれば良い

美容コンサルタント 高橋ふみです。

 

寒さが本格化してきましたが風邪引いていませんか?

 

 

私は子供の頃から身体が弱くしょっちゅう風邪を引いていました。(だから水泳やっていたんですけどね!)

それで、大人になっても粘膜が弱く、口内炎や喉の痛みは勿論、鼻の違和感、疲れると目が充血(結膜下出血)など「あぁ、そろそろ身体が悲鳴上げているな」と感じていました。

疲れると弱い部分に表れるのですが、私の場合は粘膜がバロメーターとなっていました^^;。あと呼吸の浅さですね。

 

その他、表れる症状としては、ドライアイや花粉症や鼻炎、気管支炎や胃炎、便秘や下痢、感染症など…色々な不調は粘膜の状態が悪いと起きます。

 

粘膜は、口腔内、気管、咽頭、鼻の中、胃腸、性器、子宮や膀胱などの他、呼吸器の内面など身体の至るところにあります。

これらの粘膜が潤っている状態(乾燥していない)が健全な粘膜の状態です♪

 

粘膜が健全な状態ではないと、身体の外側からウィルスや細菌が侵入して上記のような様々な不調が表れるというわけです。

逆に、粘膜を健全な状態にしておくと免疫力が高まると言う事です。

 

 

ですが、数年前にリウマチを発症してから栄養療法で体質を改善させてから、粘膜の強化を意識してサプリメントや食事を摂取してきました。

 

 

皮膚や粘膜の強化をするにはやはりビタミンA。

ほぼ毎日摂取しているキャロットラペ。(味付けは飽きないように変えています!)

その他、カボチャやモロヘイヤ、レバーなど。

 

そしてオメガ3。(鮪や鮭、鰻、鰯、秋刀魚)などの魚の他、エゴマ油や亜麻仁油など。

 

発酵食品も又お勧めです(納豆、ヨーグルト、キムチ、味噌など)

 

 

その他、ナイアシン(ビタミンB3)もお勧め食材です。

手羽元やエリンギ、玄米、豚レバー、鰹のお刺身など。

 

こちらは女性にとって嬉しい食材ばかりですね!

 

とにかく乾いた女はお終いにしましょう!!

と言うわけです。笑

 

 

他に気を付けていることは…

いつも書いていますが、呼吸です。

 

口呼吸になってしまうと、口腔内が乾燥して免疫が低下します。

様々な役割を担っている唾液の分泌が出来なくなる事も重なり、免疫低下します。

口呼吸は本当〜に気を付けて下さい。

免疫低下の他、外見も劣化させます。

 

 

こんな感じの生活を習慣化させて数年。

確実に免疫力が高まりました!

 

目の不調も起きなくなりましたし、喉の痛みが続く事も無くなり(少し痛い・の段階で終わる事が多くなりました)

 

結果的に、身体の中から変わったので

肌の弾力や艶が5年前より高まりました★

 

 

肌直接へのアプローチは大切ですが(化粧品やマッサージなど)オーラや健康的な透明感のある素肌は、身体の中から変える事によってハッキリと表れます。

 

但し、数週間で完全する物ではないので長い目で見て継続してみて下さいね♪

 

私のフェイスラインも肌も長年掛けて作られたものであって、ここ数日で出来たものでは有りません。

今日、明日の行動が確実に数ヶ月度、数年後の自分を作ると言う事は忘れないでくださいね!

加工はしていません。

 

Blogに書けない事ばかりなのですが、今年に入ってから新たに生まれたメソッドもあり

…完全オーダーメイドで個別コンサルを組ませて頂いているので、そちらでお話させて頂きます。(又新しいコースが加わりました。)

 

ふみメソッドによってどんどん綺麗な女性が増える事を考えるとワクワクしてしまいます(*˘︶˘*).。.:*♡

内側からエネルギーを高めて綺麗に年齢を重ねていきましょう♪

 

5年前より綺麗になる貴方だけの黄金メソッド | コンプレックスから産まれた美容術 By. 美容コンサルタント 高橋ふみ

たるみ専門家 鎖骨美人デザイナー® 美脚専門家

高橋ふみ

タイトルとURLをコピーしました