いつもポジティブである必要はない

美容コンサルタント 高橋ふみです。

 

 

パーソナルでのコンサルをメインに行っていると

肌や身体の停滞期について相談を頂く事が多いです。

 

私が行っているのはコンサル…ですが、

月1の美容ジムのようなイメージです。

ふみZAPと言われているくらいなので。笑

 

 

その間わからない点や改善点などの相談をメールでアドバイスさせて頂いているのですが、

どうしても停滞期というのは訪れます。

特に女性はホルモンバランスの影響を受けやすい為、ダイエットと同様に不調の日が人によっては月に半分異常ありますよね(-_-;)

そんな私も不調の日が半数を占めます。苦笑

 

エステや美容クリニックなどと併用しているお客様もいらっしゃいまして、その間のホームケアこそが大切なのですが

 

その間に…

新しいホームケアを始めて

どんどん綺麗になって肌も変わって

ボディラインも綺麗になっているけど…

 

アレ?って思う事がある。

 

これは生きている限り正常な事です!

誰にでもあること。

 

生理前の黄体期なんて、浮腫みでくびれがなくなりますしね(-_-;)

 

女性はホルモンバランスの問題で

浮き沈みが絶対あるので

停滞することは当然あることです。

 

 

「なんでこんなに頑張っているのに!」

ってイライラしてしまうのは仕方がないのですが

 

ちょっとくらい停滞しても大丈夫!

 

きちんとアドバイス通りのケアを継続している人は

着実に一歩一歩綺麗になっているから

自信を持って継続して下さい♡

 

…といつもアドバイスしています。

 

 

上手く行かない時だってあるし

そんな時こそマイナスの部分をプラスに変える

エネルギーが生まれます。

 

どうやったらもっと良くなるか?

こんな時はどうやって乗り切ったら良いか?

黄体期にこそ何をしたら良いか?逆に止めたほうが良い事は何か?

自分の身体の声はどうなのか?

 

…と考えますよね。

 

だから

一喜一憂しないで大丈夫!

 

3歩進んで2歩下がる・くらいでOKなんです。

 

そうやって人は前進していくものです。

 

世の中には陰と陽で成り立っています。

私の中にも同じく陰と陽があり

上手くバランスを取っていると強く感じます。

 

これは、当然です。

 

公私共にモチベーションが上がっていて

今までイラっとしていた事が全く気にならなくなったと共に

穏やかでいられる自分が強く出るようになっていたり。

 

でも

 

なりたい自分になる為の行動や意識が強くなっている程

ギャップを凄く感じる事も当然あります。

 

 

 

 

依存され過ぎて疲れたり

思い通りに行かない時

呼吸が苦しい時

心も身体もしんどい時

持病の痛みが出て辛いとき

 

 

強くなっている自分や

穏やかになっている自分との

 

ギャップ。

 

そんな自分に対して

今まではイラついたり、

もっとしっかりしなきゃ…

やっぱり私は弱いと感じてみたり。

自分に攻撃的になってしまったり。

 

ネガな自分の1部分が嫌いで認められなかったし

陰の自分をいちいち否定して、感情に蓋をしてしまったりしていましたが

 

 

 

私にも陰と陽があり、

上手くバランスを取っているんだなと思えるようになりました。

 

良くまわりからは「いつもポジティブですよね」と言われますが

 

全っっ然っっっっ、そんな事は有りませんよ〜!!

 

 

めちゃくちゃネガティブな考えになっている時が沢山あるからこそ

 

だったらこの考えの方が良いよね?

この方向の方が良いよね?

と自問自答して、結果的にポジティブな方向に行っているだけです。

 

もっというと、ネガな部分と向き合っていると

どんどん、どうでも良くなってきます。笑

だからとことん向き合うスタイルです。

 

そんな事考えるのがバカバカしくなり

だったら前向きに考えた方が人生楽しいし!と結果的にポジティブになっているだけ。

 

 

今までも、上手く行かない事の方が多かったからこそ今があると思っています。

 

ネガティブな時が多いこそ、どうにか乗り越えようと試行錯誤を繰り返して来たし

なかなか進まない部分を埋める方法を考えるのも楽しいもんですよ♪

 

モノゴト、全て表裏一体で

自分の身体や心を1番大切に考えると

まあ、こんな時もあるわと割り切って生きていくのも良いです。

 

表向きから見える事は、全て裏のネガな部分や苦しい事があってこそです。

良いところだけが目立って見えるだけです。

 

 

ネガティブだったり、嫉妬深い自分が居たり

それは当然です!!!

 

自分の中の陰の部分を認める事が大切です。

絶対に自分を責めないこと。

 

上手くいかない時があるからこそ

バランスを取りながら

敢えて楽しんでみるのも有り。

 

あぁ、私はこんなに怒っているんだな

私、今凹んでいるんだなー

こんな事が嫌だと思うんだなー

こう言う人の事が嫌いなんだなー

 

という感じで、そんな自分の感情をまずは受け入れてみる。

 

 

人として当然の喜怒哀楽の感情は否定しないことが大事です。

 

自分を攻撃しないこと。

 

 

陰と陽の部分を認めると言う事。

=自分を大切に愛するということです。

 

 

自分の身体は自分だけのもの。

喜怒哀楽も光と影も当たり前。

 

誰も貴方の身体の代わりは出来ません。

 

愛する人の為にも

自分を1番大切にしましょう♪

 

たるみ専門家 美脚専門家 鎖骨美人デザイナー 高橋ふみ

5年前より綺麗になる貴方だけの黄金メソッド | 自力で顔を変える専門家。〜アラフォーからは攻めのホームケア〜