その【決めつけ】が貴方が変わらない原因

美容コンサルタント・高橋ふみです。

 

 

この業界に入って20年目、アスリート歴18年

感じる事が沢山あります。

 

 

色々な情報が飛び交っていますが

果たしてそれは貴方に合っているでしょうか?

 

 

〜ねばならない。

 

〜するべき。

 

オーガニックじゃないと肌に悪い?

 

白米は食べるな⁈⁈

 

肉はダメ⁈

 

 

 

 

皆と同じことをしても変わるわけないですよね。

だって、100人いれば100通りですから。

 

体質も肌質も気質もメンタルも

今の環境も、育ってきた環境も違うわけですから。

 

むしろ、メディアに踊らされて

皆と同じことをしようとするから変わらないんだと思います。

 

 

 

 


実際、私は元々アトピー性皮膚炎ですが

オーガニックでも合う物は数少なく。

→正直、殆ど合わないです^^;

 

 

ケミカル化粧品でも合う物は沢山あります❤

→というより、やはりケミカルは効きます。

 

 

「攻めている!」という感じで

ハッキリと効果が出ているものが多かったです。

 

間違ってほしくないのは…

オーガニックだから効く・効かない

ケミカルだから効く・効かないという決めつけではなく

どっちでも自分に合えば良いということです。

 

 

 

使った時の感触は?

気持ちは?

テンションは?

近くに置いていて気分が良い?

 

 

何だか良い気がする。

→実はこれ凄く大切。

 

食事も同じ。

アレルギーや宗教上の問題なら仕方がないですが

これは絶対駄目!という煽り記事に踊らされないことです。

マーケティングの方法の一つとして

多少大袈裟に書いたり、不安を駆り立てたり、煽ったりするということがあると言う事。

 

 

白米はサイコー‼︎です。

食べ過ぎなきゃ良いです。

 

お肉は、体質に合えばむしろ適量必要です。

 

 

勿論毎食毎食食べすぎは、どんなに身体に良い物でもになってしまいますから

注意が必要ですけどね。

 

 

これは美容に限った事じゃないですね。

 

もっと、心身共に緩めて柔軟に。

 

 

ホームケアの順番はこうじゃなきゃ絶対駄目!

 

食べる順番を間違えたから痩せる事が出来ない!

 

 

こういった決めつけは凄く勿体ないです!

 

 

 

コチコチに凝り固まった固定概念。

ちょっとずつ崩しましょう

 

 

 

こうあるべき

 

こうじゃなきゃダメ

 

私はこうじゃなきゃ

 

メディアでは…、女優さんが…こう言っていた

 

 

こんな決め付けが

貴方を美から遠ざけているかもしれません。

 

もっと自分を信じて柔軟に^ ^

しっかり自分軸で物を見るようにしていると、直感が冴えて来ますよ。

 

何が本当に自分に合うのか合わないのか。

合わないと「違和感」というものが湧き上がってきます。

良い悪いではなく、自分に合う物を自分軸で探すことが幸せに生きていくコツです。

 

貴方だけに合う美容法は必ず存在しますよ♪

 

たるみ専門家 鎖骨美人デザイナー® 美脚専門家 

高橋ふみ https://esperanzacorp.jp/

 

タイトルとURLをコピーしました