夏こそ乾燥対策を。地割れ肌にならないツヤ肌を保つ化粧直しを

美容コンサルタント 高橋ふみです。

 

この時期あるある!!

 

夏になると日焼けして乾燥がひどくなっています。

乾燥肌を改善しながら(潤いながら) シミを薄くしつつ
ツヤ感をUPは可能ですか?

…と言うご意見。

夏こそ乾燥対策が必要です。

実は乾燥は冬だけでなく年中あります!
 
冬は、普通に乾燥が原因ですが

これからの時期は紫外線を浴びて日焼けすることにより 肌が乾燥します。
 
若い頃は、化粧品だけでも何とかなったけど
そうは行きませんよね(ー ー;)

 


 

乾燥対策・先ずは身体の内側からアプローチ!

 

ビタミンAは皮膚粘膜を守るので、
肌の潤いの為にもこまめに摂取します❤

 

ビタミンAは脂溶性なので、脂と一緒に摂取すると吸収率が高まります。

写真のように人参ジュースにする場合は、最後にEXオリーブオイルを少し垂らします。

 

ビタミンAは皮膚の粘膜だけでなく

喉や口、他、身体の粘膜を守ってくれます。風邪予防にもなります。

唇は、粘膜なのでカサカサ唇にはビタミンA‼︎

ふっくらツヤ感のある唇を作る方法

 

時期的にトマト(リコピン)やアボカド(ビタミンE)も
お肌だけでなく体の為に積極的に摂取したいです。

 

夏の乾燥肌チェック。こんなことありませんか?

 

✔︎肌が乾燥する

✔︎風邪をひきやすい

✔︎ニキビや吹出物が出来やすい

✔︎シワが気になり出した

と言う場合ビタミンAが不足しているかもしれません。

レバー、ウナギ、卵黄などにも含まれています。

 

但し、潤い不足はホルモンバランスが関係しているケースも多々あります。

 

以下が当てはまればホルモンバランスも原因です。

 

✔︎生理不順

✔︎基礎体温の高温期があやふや、短い

✔︎イライラが半端ない

✔︎原因不明のニキビが治らない(特に顎)

✔︎乾燥が半端ない

✔︎長期的な浮腫みが続く

……この辺りが当てはまれば

ホルモンバランス整えつつ、外側からのスキンケアアプローチが必須です。

 

 肌の地割れを起こさない化粧直し。

 

メイクの上から、いきなりファンデーションやパウダーを乗せたりしたら更に粉を吹くし
地割れ状態です(ー ー;)
 
余計に乾燥して、見た目も肌にも悪いですよね(>_<)
 
私は、化粧直しの際先に乳液を使います。

 

少量肌に塗布する際の注意点。

 

ただ単にちゃっちゃと塗り塗りするだけでは化粧がよれます(笑)

じんわりと手の平で肌にプレスするようにして塗布します。

 

 

乳液をプレスしたら、こちらでメイク直しします。

メイク直しの際はコレ7本目くらい。24hコスメのコンシーラー。

 

常備しています。リニューアルしてからも大活躍♪

 

こうすると、

肌の潤いが違うし
見た目もメイクが綺麗に映えます。

 

 

ただし…

メイクを映えさせるには肌の土台作りが先ずは大切です♡
 
内側からも、外側からも、 乾燥対策必要です。
乾燥は、シミ、シワ、たるみの原因になります。
 
…………………

 

必要な栄養素をきちんと摂取しながら

正しい肌のお手入れ
正しいリンパマッサージ を取り入れるのは大前提ですね。
 

どんな直し方をするか?

紫外線対策メイクはもちろんですが
メイクするなら肌を更に綺麗に見せないと意味がないです。

 

毛穴レスの素肌 + ツヤ感アップ

しながら更に肌を実力以上に美しく見せる艶肌作りメイク

厚化粧にならない為にも

更に艶感をアップするメイクの為にも

土台の肌を作り方が先ずは大事です。

内側から(栄養)外側からも土台を整えておきましょう♪

 

シミを薄くするのはもちろん、
透明感のある素肌作りは日常に取り入れられることばかりです。

「私なんて、、」と思っているなら勿体ない!!

 

女性は、
誰でもいくつになっても自分次第で綺麗になります♡

綺麗になる権利があります^^
 

 

<夏こそ潤い肌を作る!>

朝のひと手間で極上艶肌を1日中保つ

 

美白化粧品を止めたのに肌が白くなった

 

日焼け止めや下地、ファンデーションの選び方

 

 

たるみ専門家 美脚専門家 鎖骨美人デザイナー 高橋ふみ
https://esperanzacorp.jp/

タイトルとURLをコピーしました