ほうれい線を消したい!1【ほうれい線解消法・姿勢と呼吸】

美容コンサルタント 高橋ふみです。

 

夏休みの終わりに息子と沢山作ったサンキャッチャー★

いっそのこと、お家をディスコ風にしようかな。

次はミラーボールか。笑

 

さて。

アラフォーから多くなるお顔のお悩みは

 

アラフォーから多くなるお悩みは「たるみ」が凄く多いのですが


部分的に細かく分けると…こちらです。

顔のタイプ別、お悩み別原因と対策

 

やはりほうれい線にのお悩みについては、めちゃくちゃ多いです。

 

ほうれい線の原因は…

 

これも又、一つではありません(人それぞれ違う)


今日は、顔や首、頭意外の部分での原因について。

姿勢に関して。

 

姿勢の悪さ、猫背などはかなり影響あります。

何故なら、皆さん思っている以上に頭って重いです!

 

猫背になる事により、
肩から首に尋常じゃない重力が掛かります。

 

よって、ほうれい線に関わる表情筋達が衰えてしまいます。

 

そして姿勢の悪さは顔の表情筋を支え引き上げる役割もする背中の大きな筋肉

僧帽筋がカチカチに固くなり、衰えます。

画像はwikipediaより

 

ほうれい線と関係する 僧帽筋の役割

 

首〜頭皮〜顔と繋がっていて、
顔の表情筋を引き上げる役割を担っています。

 

補足ですが、

姿勢の悪さは、ほうれい線につながるだけでなく


どんなに素敵な女性でも魅力が半減してしまいますよね

素敵だなーと思う方はほぼ、姿勢が良いですね!

 

 

姿勢の良さは、女性として大切だと実感。

 

意外ですが…これもほうれい線と関係大!

 

次に、口呼吸

えっ?!と思いますよね。

 

実は呼吸とほうれい線は関係が密接です。

(全体的なたるみとも大きく関係しています。)

 

基本身体に良いのは鼻呼吸です。

 

口呼吸になると、口の周りの表情筋が衰えますし、口角も下がります。よって、ほうれい線につながるわけです。

 

口呼吸をすると

細菌やウィルス、ダニ、ホコリを含んだ外気を消化器官を通さず…ダイレクトに肺に吸い込む事になるため…

 

他にもこんなデメリットがあります。

 

・代謝、体温、免疫低下

・アレルギー、口臭

・眠りが浅くなる

・肌への悪影響(代謝が落ちるので透明感のある肌からは遠ざかる)

・唇、肌が乾燥する

・口腔内が常に乾燥している為、唾液が減る(唾液は免疫にも美肌にも大きく関係)

・副腎疲労等の原因とも言われています。

・口周りの表情筋や唇に力が入らず、たるみやほうれい線の原因

 

では

鼻呼吸をすると?

鼻の中の鼻毛と粘膜がフィルターの役割を果たしてくれる為

細菌やウィルス等の外気をダイレクトに体内に吸い込まない。

 

・体温、免疫、代謝UP

 

・肌に透明感が出る、潤う

 

・姿勢が整う(鼻呼吸は口呼吸に比べ、深い呼吸をする為自然と姿勢が整う)

 

・口周りの筋肉が引き締まる(ほうれい線やたるみ改善)

 

・眠りが深くなる

 

・風邪、アレルギーから遠ざかる

 

・ダイエット効果や浮腫み改善に繋がる

 

メリットだらけですね!!!

 

私自身が呼吸に関しては苦しい時期があったので

★綺麗になるために

★健康になるために


だけでなく

 

★心地良く生活する為には避けては通れない事です。

 

 

綺麗になる為だけじゃなく

健康になるためにも必要な部分ですので

 

口が半開き。と言う癖のある方や口呼吸の方、意識してみましょう。

これは私自身の実体験によるものです。

 

実は、これ私自身の経験によるものです。

12年前位から過呼吸の症状が時々出るのですが、大抵口呼吸になっていますね(-_-;)

 


こう言った症状が出る時は

決まってほうれい線も気になるのですよ

 

まずは、姿勢と呼吸です!

ほうれい線はシワではなくたるみです。…

 

ほうれい線はシワではなく、たるみです。

 

ほうれい線だからと言って

ほうれい線の部分をいくらマッサージしても意味がありません!!

 

キッパリ。

 

 

彼女のほうれい線の原因を明らかにして

どこからアプローチしたら良いか?をしっかり伝授致しました。

 

ほうれい線自体は全く触れていませんが

コンサル期間でほうれい線はほぼ無くなりました。

 

 

※お客様のビフォーアフターの写真の著作権は弊社に在り、無断掲載は如何なる場合も固く禁止致します。

 

自分のほうれい線の原因は何なのか?

原因は一つではありませんし、一人ひとり違います。

 

だからと言って、ほうれい線ばかりに意識が言ってしまうというのも

よろしくない傾向ですよ!!

 

全体像を見ていきましょうね♪

 

 

たるみ専門家 鎖骨美人デザイナー 美脚専門家

高橋ふみhttps://esperanzacorp.jp/