空腹になりすぎた時の注意点

 

美容コンサルタント 高橋ふみです。

お腹が空いたが甘いもの・・・・という方

イライラしてチョコレートに手が伸びてしまう癖がある…という方

いつも食卓は糖質祭り…という方

 

 

 

【空腹になり過ぎた時の注意点】

血糖値下がり過ぎて
フラフラ、グッタリ、
手が震える…って事ありますよね^^;

こんな時こそ、
ガッツリ糖質祭したくなるけど…

 

 

血糖値の事を理解するようになってから
かなり抑えられるようになりました。

 

どか食いや糖質祭の時には身体の中でどんな事が起きている?

仕組みはこんな感じ。

ドカ食いや糖質過剰摂取

血糖値が急上昇

血糖値を下げようとして
膵臓からインシュリンが大量分泌

血糖値が下がり過ぎる

また糖質やスイーツが食べたくなる。

満腹のはずが⁈… まだまだ食べたい。。

この血糖値の乱高下が繰り返されると
血糖値の調節が上手く出来なくなり
肥えるだけではなく

・自律神経の乱れや

・糖尿病になり易くなったり

・粘膜の質が悪くなる

・美肌からは遠ざかる  

因みに…

膵臓から分泌されるインシュリンは【肥満ホルモン】とも呼ばれます(泣)

ドカ食い、食べ過ぎの度にインシュリンが過剰分泌されると

脂肪細胞がどんどん膨らみます。
 

食べちゃいけないではなく、どう食べるか?

 

私自身、甘いものもパンもお米も大好きです♡

糖質ゼロダイエットなんて出来ません!!

食べちゃイケナイ!ではないんです。

食べちゃいけないんじゃなくて
どう食べるか?です。

 

食べる順番を意識してみたり
(糖質をイキナリ食べず、野菜やたんぱく質から)

●ラーメン等を食べる時は、
先に豆乳を飲んでおいたり、トッピングの野菜を食べたり

●糖質祭り(ラーメン✕チャーハンとかの、糖質の組合せメニュー)にはしない。

●空腹になり過ぎそうな時は、
血糖値を上げない軽食をつまんでおく(ゆで卵やチーズ等がオススメ)

ダイエットコンサルは行っておりませんが、

代謝アップ、美脚作り等のボディメイクコンサルメニューにて

個々に合わせたホームケアの実践レクチャーに加え、食事指導も行っております。

・体型が明らかに変わって浮腫みにくくなりました。

・肌が綺麗になりました

・基礎体温が上がりました

・クビレが出てきました

・ダイエットしていないのでストレスがなくなり痩せた 

などの変化が表れています。

 


 

副産物は結果論です♡

 

代謝アップして、
ボディメイク希望だった方が徹底した食事改善をしてホルモンバランスが整ったり
身体の中から綺麗になることによりお肌まで綺麗になったり。

彼氏まで出来たり♡♡

 

色々な副産物があると言うわけですね^^
数字(体重)よりも、目の前の自分としっかり向き合い

なりたい自分をイメージしてみることって凄く大切ですね♪

たるみ専門家  美脚専門家 鎖骨美人デザイナー®️

高橋ふみ
https://esperanzacorp.jp/

タイトルとURLをコピーしました