首の筋肉の縮みと顔が長くなる関係。自律神経に支配される・顔

美容コンサルタント・高橋ふみです

 

 

私が良く聞かれる事です。

 

「ふみ先生は疲れたり、調子が悪くなるとどんな顔の状態になりますか?」

 

人によって、クマが出来たり、ほうれい線が出来たり顔が浮腫んだり

・・色々な症状が表れますね。

 

私の場合、疲労やストレスで顔の下半身が長くなります。

つまり顔が長くなります💦

浮腫みも酷くなるし、口角下がるし、ほうれい線も出来ます。

 

私も同じです^^;

だから、この仕事をしているんですよっ♪

 

 

顔の下半身のたるみ、長くなる原因の1つとしては

咬筋の詰まりがほぼ高い確率としてあること。

→カチカチと噛んだ時に動きます。

 

一部だけでなく、かなり広範囲に渡り深部と浅部にわかれています。

 

 

※Wikipediaより画像をお借りして、私が深部と浅部を書きました。

 

 

ここは、無理矢理力任せで押したりすると危険な部分で

顎関節症になってしまったりするので注意が必要です。

 

しっかりとポイントがあります。

 

更にたるみ改善に広頚筋は大きなポイントですし

※Wikipediaより画像お借りしました。

 

顔をケアする前に側頭筋や首の後ろの筋肉群(後頭下筋群や斜角筋

の縮みを解消しないとたるみや顔の長さは解消出来ません。

 

斜角筋は、胸鎖乳突筋の後ろにあります。

斜角筋に関しては筋肉(斜角筋)+リンパ節(頸部、鎖骨)

を一気にケアしてしまうという方法で、一気に効くというより毎日続けているとどんどん効いているのがわかります。

 

この斜角筋は頭を側方へ傾ける機能を持ち、 様々な関連痛を引き起こし易い上に、リンパ節も多く存在する部分ですので…強くやりすぎず、的確にポイントを押さえて行う事により


浮腫みやたるみ、ほうれい線などの解消にも繋がります。

 

 

このように…無駄な経験ってないですね^^;

 

ストレスと自律神経は大きな関係があり、ストレスで顔は変わってしまいます。

つまり自律神経のバランスも顔と関係しているのです。

特に顔の下半身の口周りの表情筋は、自律神経や顔面神経の支配を受けているので納得です。

 

色々な事がある度に、新しいアイデアがどんどん沸いています♪

感謝の毎日です♡

 

ちなみに彼女の場合は、広頚筋への徹底アプローチが効きました。

元々小顔なのですが、ストレスで顔が長くなったり、ほうれい線が出る傾向がありました。

※ビフォーアフターの写真の著作権は弊社に在り、無断掲載は如何なる場合も固く禁止致します。

首って顔、身体、メンタル…全て大きく関係している部分。

本当に大事にケアしたいです。

 

化粧品だけでも、表情筋アプローチだけでも、リンパだけでもなく

 

自分の原因がどこにあるのか?

 

何をしたら良いか?

 

把握して継続してみると変わります。

 

「ふみメソッドは、最強!一生モノ!!」と言って頂きましたm(_ _)m

いつもありがとうございます♡

 

 

たるみ専門家 鎖骨美人デザイナー 美脚専門家

高橋ふみhttps://esperanzacorp.jp/