何割も魅力的に見える<艶と潤い>を取り戻す方法

美容コンサルタント 高橋ふみです。

 

 

こちらでお伝えさせて頂きましたが→※今後についてのお知らせ

来年から日本を離れる事になりますので個別コンサルティングの3回コースの新規募集は休止しております。リピーター様のみ対面の1DAYコンサルは今年一杯受け付けております。(但し、日程が既に埋まりつつありますのでご希望の方は早めにお申し込み下さい)

今後はSkypeでの個別コンサルになります。詳細に付きましては少しお時間頂きますがBlogにてお伝えさせて頂きます。

 

 

ツヤ感・潤いがあれば何割も綺麗に見える。

 

 

 

 

とっても素敵なお姉様からのご相談。

 

「ツヤ感や透明感を出したいっ!どうしたらいい⁈」

 

特に年齢を重ねるにつれて、

お肌のツヤ感や潤いは

女性ホルモンのバランスと関係がとっても深いです。

 

 

女性ホルモン分泌については

日々口にするものが大切です。

 

例えば

イソフラボンは、

女性ホルモンのバランスを丁度良い状態に整えてくれます。

 

エストロゲンが多い時は抑制してくれて

足りない時は分泌を促すような役割です。

 

{5AA088EC-274E-4640-A26E-3F0FB1143771:01}

こちらは、木綿豆腐で作ったステーキ。

焼いてみりんと醤油で味付けしただけ♥

 

豆腐のほか、納豆、高野豆腐、厚揚げ、ガンモなど。

 

女性ホルモンについては、

何をどんな時に摂取したら良いのか?

 

また今後書いて行こうと思っています。

 

潤い肌や透明感のある素肌を取り戻したい!

 

 

こう言った声は、 乾燥が酷い冬だけでなく 年中挙がります!

 

 

♥艶感があり

 

♥潤いもあり

 

♥太っているわけじゃないけど、肌がふっくらして

 

♥色気を感じる …そんな肌。

 

私が真っ先に思い浮かぶのが三浦理恵子さん♡

彼女の事嫌いって言う男性聞いた事ないんだけど♪

 

 

内側から色気のある肌を取り戻すにはお肌のターンオーバーが鍵。

 

 

… 肌の潤いを守るビタミンA

 

正常なお肌のターンオーバー※を促す為には

必要不可欠の栄養素です。

(※28日周期で生まれ変わる肌代謝のこと)

 

 

粘膜を保護してくれるので

潤い肌の為には、凄く大切です!

 

 

人参は、脂溶性ビタミンなので

必ず良質な油と一緒に摂取します。

 

例えば、サラダの場合は

オリーブオイルや亜麻仁油等を掛ける。

又、人参はGI値が他のお野菜と比べてみると

やや高めなのですが

 

それが気になる方は、

お酢を掛けたり、レモン汁を掛けたりしてみて下さい。

急激な血糖値の上昇は抑える事が可能です。

 

そして

亜鉛。

 

牡蠣、牛赤身肉、豚レバー、するめ、ラム肉

タタミイワシ、パルメザンチーズ など

 

亜鉛も又、

ビタミンAと共に

お肌のターンオーバーの際に必要な栄養素で

 

お肌の細胞分裂の分化を促すのがビタミンA、

分裂に必要なのが亜鉛。というわけです。

 

※分裂とは自分と同じ細胞を増殖すること。

分化は自分とは違う細胞になること。

 

 

ツヤ感潤いのあるお肌の為に絶対絶対

たんぱく質は絶対に必要です。

 

 

何故だと思いますか???

 

 

潤い肌の為には…

 

 

表皮一番表面の角質層の水分が

しっかりと保たれていることが大切ですが

 

欠かせない次の3つのバランスがあります。

 

 

●皮脂膜

 

角質層の上を覆っています。

天然の保護クリームと言われており、

汗(水分)➕皮脂(油分)で出来ています。

 

皮脂膜のお陰で角質層の水分蒸発を防いでくれています✨✨

 

 

●天然保湿因子(NMF)

 

約半分がアミノ酸で出来ていて

細胞内をたっぷりの水分で保持する役割を果たします。

お肌の弾力や柔軟性を保つ。

 

 

●細胞間脂質(半分以上はセラミドで出来ている)

 

細胞間脂質には、セラミド、遊離脂肪酸、コレステロールなどの成分があり

NMFが保持している水分をサンドイッチのように挟み込み、

水分を逃がさないようにする役割を果たします。

 

 

…この3つの脂質の量が「潤い肌」を決めるだけなのですが

これら(皮脂膜、NMF、細胞間脂質)を構成する主成分なのが

たんぱく質だからです。

 

 

この仕組みを見れば「野菜しか食べない…」行為が、

お肌をカサカサにしちゃうのは理解できますよね⁈

 

魅力半減…

私がダイエット依存症だった頃、

タンパク質が圧倒的に少なった時期があったのですが

カッサカサのお肌で凄く老けていました。泣笑

 

髪の毛もパサパサで

爪も脆くて、直ぐに折れていました。

 

如何に大切か…わかりますよね。

 

 

ガッツリ食べないでも良いけど。 お肉は大切!!

 

~ばっかり食べじゃなくて

魚や卵、大豆類も大切です。

 

1日の中でバランス良く摂りますが、

偏ってしまうこともあると思います。

 

そんな場合は、

余り神経質にならず
1週間の中で調整することをオススメします。

バランス大切‼︎

※アレルギーや医師から禁止されている方以外のお話です^^

 

お肉が体質に合わない方もいますし、

卵アレルギーの方もいます。

 

このように…

外側を潤わせるには内側から!

 

ですが…

外側からのアプローチもかなり重要。

お化粧品に沢山の金額を費やすというわけではありません。

 

潤い肌になると透明感まで出ます。

 

 

更に、

潤いを出すことによる副産物はコレ!!

シミのない透明感のある素肌とも繋がっています。

 

シミ=美白にばかり目が向いてしまいがちなんですが

乾燥肌はシミに繋がりますので

常に潤いを保っておくことは

 

シミのない素肌の為には必要不可欠です。

 

 

 

・透明感のある素肌の為には?

 

・今使っている化粧品の効果をどうやってパワーアップさせるか?

 

・シミを作らない為に、薄くする為には、

どんな栄養素をどのタイミングで摂取するのか?

 

 

・シミを濃くせず薄くする為に、

絶対に欠かせない2点のこと。

 

 

意外とシンプルです。

 

私は、元喫煙者ですし^^;

炎天下で日焼けして真っ黒だった元アスリートです。

産後、メイクで隠せない程のニキビに悩まされ

→そのままシミになりましたが 殆どシミは消えました。

 

 

 

個別コンサルティングでは、

貴方のお肌に合うスキンケア法をお伝えしていますが

 

今までお肌を褒められる事なんて無かった方が

 

アラフォー、アラフィフの年齢になって

 

お肌を褒められる事が増えてビックリな上に


何しても消えなかったシミが消えて更にビックリ!

 

ホルモンバランスも見直す事が出来た。

 

 

とご報告頂く事が増えています。

クライアント様には

 

ホルモンバランスの乱れもお肌の不調の原因となっている方がとても多い為

食生活を徹底して頂き

 

黄体期に徹底するスキンケアやホームケアもお伝えしております。

 

✔潤いと艶をアップさせる方法を知りたい

 

✔シミをこれ以上増やしたくない&薄くしたい!

 

✔透明感のある色気のある素肌を自分で作りたい

 

 

……ちょっとした意識なのですが
やるかやらないかでお肌って本当に1日で変わっちゃうんです (良くも悪くも)

 

エステに行くのもあり!

 

その間に自分でお肌を整えておくと

美の底上げになります^^

 

 

そして、綺麗なお肌=健康です。

 

 

1人の女性として、

生き生きと過ごして行くために

 

自分の事を見つめ直すことは本当に大切だと痛感しています。

 

たるみ専門家 鎖骨美人デザイナー 美脚専門家

高橋ふみ https://esperanzacorp.jp/