毛穴のお悩み・内側からもケアしていますか?

美容コンサルタント 高橋ふみです。

 

少し前の記事の続きです。

 

毛穴について。

 

毛穴にお悩みの方は多いですが、
タイプが幾つかあります。

 

過去記事参照

タイプ別 毛穴の見分け方

 

 

毛穴が気になる方は、
ご自身の毛穴タイプがどれなのか?

 

見極めてみて下さいね^^

 

貴方のタイプはどれに当たりましたか?

 

私の周りは、

年齢的にたるみタイプが多いです^^;

 

そして

喫煙者は毛穴が黒ずんでいるケースが多いです。

 

毛穴は長年のお悩みだから、

もう諦めてるんですが

自分で解消出来る方法ってあるんですか?

 

と言う声を頂きます。。。

 

正しいケアしていますか?

 

栄養バランスは取れていますか?

 

これらを一回やっておしまい!!

ではなく

 

継続されていますか???

 

 

今回は、

たるみ毛穴対策。食べ物編。

「毛穴対策・何を食べるか?」  

 

 

老化によって卵巣の機能が低下すると

女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が減ります。

真皮のコラーゲンやエラスチンが減り

肌に弾力やハリが無くなり

たるみが生じる。

たるむと、毛穴が目立つようになるのです。

 

これを解消するためには、

肌のターンオーバーを促す必要があります。

 

 

つまり、、

毛穴を目立たせなくするには

 

お肌の新陳代謝を 高める必要があります。  

 

その為に必要な栄養素は・・・

 

ビタミンB1,B2のタンパク質です。

 

ビタミンB1

糖質を燃やす働きがあります。

糖質が代謝されないと、
皮脂が過剰分泌されてしまいます。

 

豚肉・鰻・ゴマ・レバーなど。

 

image

こちらはお家ごはん♪

 

外食でも意識しますよ♪

 

image

 

ビタミンB2

滑らかな皮膚、粘膜を作るのに必要な栄養素で

不足するとニキビが出来やすいので注意が必要です。

 

鰻・ブリ・鮭・納豆など。

image

 

{F637F759-48FA-42C5-9FB8-1D4AC2341EE8}

 

タンパク質は、
皮膚の表皮の潤いを維持するにも必要不可欠。

 

皮膚を再生させて滑らかな素肌を創るには

ビタミンAが必要です。

 

ビタミンA

小じわや肌荒れを防ぎ

皮膚粘膜を美しくします。

 

人参は食べ過ぎないけど、

お家でも外食でもこまめに摂取しています。

 

image

 

たるみ毛穴が目立つ方は

上記の栄養素をこまめに摂取してみて下さいね

 

10代はオイリー毛穴タイプが多いですが

いつの間にか、

毛穴が定着してしまい自己流で色々な毛穴ケアをしたり

エステで鼻の皮脂を取り除いて貰ったりしてる方多いのでは?

 

間違った毛穴のケアで余計に悪化させている方も多いのです。

 

その前に、出来る事が色々ありますね。

 

お家でも、自分で出来る正しい毛穴ケア…

これもタイプによるのですが

 

たるみや乾燥が原因で毛穴に繋がっている場合は

特に毛穴に特化したケアは必要有りませんが

 

小鼻の毛穴、黒ずみなどの場合は

少し集中してケアする必要があります。

 

いずれにしても、一度身に付けると楽ちんです。

 

 

肌代謝を上げながら、

潤いと弾力を取り戻し

毛穴もシミも乾燥も解消可能です。

 

日々食べる物でお肌や体は作られているので

是非今日から意識してみて下さいね!

 

image

 

なっっ懐かしい………。笑

 

 

 

たるみ専門家 鎖骨美人デザイナー 美脚専門家 高橋ふみ

https://esperanzacorp.jp/