顔幅や頬のふっくら感、小顔感を取り戻したホームケア

美容コンサルタント 高橋ふみです。

 

 

個別コンサルのたるみ・小顔コース3回目。

 

美容マニアだった彼女でしたが…

 

美顔器やエステ、ホームケアなど巷で良いと言われる事や評判が良い事…

ありとあらゆることを行ってきた彼女。

 

ですが、効果が表れず…

とのことでしたが

 

 

約3ヶ月でここまで変化しました♪

 

 

・顔幅が狭くなり

・顔の形自体がキュッと小さくなりました。

ゴルゴラインは殆ど無くなりました

 

 

・顎の形やフェイスラインは全く別人のようにスッキリしました

・頬の位置が高くなり、顔全体に立体感が出ました。

 

マリオネットラインや顎周りのたるみの原因


彼女は広頸筋や胸鎖乳突筋の凝りがとにかく酷く

ストレートネックというのもあり…

 

それがマリオネットラインやアゴ周りのたるみ等に繋がっていました。

 

顔幅、頬の位置アップ、立体感のある顔になった理由

 

顔幅については、咬筋の浅部と深部をしっかりとアプローチして頂くことにより、狭くなり、頬の位置も高くなり立体感が出ました。

 

 

更に生理解剖の視点からもアプローチさせて頂いている為

このように変化しました☆

 

 

ハッキリとお見せ出来ないのが残念なのですが

お肌自体が凄く綺麗に透明感が出ました。

 

初回のお肌とは全く違い、ツヤ感もアップしましたl

 

 

 何故、色々美容法を試して来た方は変わりづらいのか?

 

 

【何をやっても変わらない】という過去の記憶の刷り込みがあると

どうしても脳が【また変わらなかったらどうしよう】

という記憶を呼び起します。。

 

色々な事を行ってきた方に限って…

効果が現れにくい理由がここ↑にあります。

 

 

そういった思考癖を改善して頂くべくアドバイスを

毎週お伝えしていたので、

 

彼女の思考癖もどんどん変化していくのがわかり

私も本当に嬉しく安心しました!

 

実は彼女、

最後の最後に体調を崩しお顔の調子も悪くなってしまったのですが

しっかりとコンサル3回目でリセットして頂きました。

 


表情筋を強張らせてしまう理由の一つ。

 

コンプレックスにばかり目が行ってしまって

他の部分は全て綺麗になっているのに…

 

肝心な良くなっている部分に目が行かない時がある為

 

その思考自体が顔の表情筋を強張らせてしまっているという傾向がありました。

 

 

とにかく一喜一憂しないこと。

 

ホームケアはゴールがないので毎日続ければ大丈夫ということ。

 

不安になったら行動すれば良いので

このまま更に美しくなって下さいね♡

 

 

たるみ専門家 鎖骨美人デザイナー® 美脚専門家

高橋ふみ https://esperanzacorp.jp/wp/hp/