身体や肌、心に表れる不調のメッセージ。

美容コンサルタント・高橋ふみです。

 

 

Happy Halloween!!!

 


パパと息子がくり抜いて作りました。笑

中には100均のLED電球が入っています。

 

 

先日、四捨五入したらアラフィフの仲間入りしたのですが(*˘︶˘*).。.:*♡

 

7の倍数

 

女性は7の倍数で、身体や肌、メンタルに変化が表れると言われていて、曲がり角があり…急に体質や肌質が変わったりします。

 

約35歳(34歳11ヶ月)で息子を出産し

メイクで隠せない程のニキビに悩みました。

 

産後と言う事もあり

ホルモンバランスの乱れによる過食。。

息子を寝かしつけた後に、ちんすこう20本食べたり。爆

(ちんすこうってわかりますよね?沖縄のラードたっぷりの甘すぎる焼き菓子です。泣笑)

 

その後、持病(関節リウマチ)を発症しました。

 

美容業界に入った28歳の頃

 

その7年前(28歳の頃)は、

仕事が忙しい時期で、それこそ肌荒れが酷かったです(T_T)

今では想像出来ないほどのニキビだらけの顔でした。

 

 

こう言った自らの経験を通して女性ホルモンについて追求し始めました。

 

そうです、

これらの不調は全て

 

女性ホルモンのバランスが大きく関係しています。

 

 

昔、ダイエットのし過ぎで生理が止まった友人がいたんですが

 

生理なんて毎月面倒だから無い方が楽ちん。

 

って有り得ない発言に耳を疑いました^^;

 

そうじゃないですよーーー!!!!

 

 

女性ホルモンの役割は…

 

女性らしいボディラインを作り

 

妊娠出産に備える他

 

筋肉、美肌、メンタル、骨にも大きな影響を与えます。

 

実は、私自身も20代の頃

生理が止まった時期があり婦人科に通っていました。

 

この時の肌と言ったら最悪。

(化粧品代は今の数倍だったけど^^;)

 

それに代謝も悪く、肥えるし

メンタル状態も凄く悪かったです。

 


思えば、

飲み会の日々、暴飲暴食、朝から換気扇の下で喫煙。

 

もう当然と言ったら当然。^^;

 

エストロゲンとプロゲステロンは何処から出る?

 

卵巣から分泌される

エストロゲンとプロゲステロンは

 

イキナリ卵巣から、

ポ~~ンと分泌されるわけではありません。

 

「ホルモンを出してください!」と

卵巣に司令を送っているのが、

 

脳にある下垂体と視床下部。

 

この視床下部が「自律神経※の中枢」です。

※自分の意思とは関係なく、内臓器官等をコントロールする

 

 

視床下部はすごーーーく

 

ストレスに敏感。

 

 

環境要因のストレスだけでなく、メンタル的なストレスの影響を受け易いです。

 

……………

 

自分で気付いているストレスだけではありません。

 

メンタルだけでなく

過度なダイエットや、

ストレスにしかならないハードな運動等

 

自分では良かれと思っているけど知らないうちに

身体はストレスを感じていることは多々あります。

 

影響を受けやすい視床下部は

 

卵巣に上手く司令を送れなくなり

女性ホルモンの分泌が乱れると言うわけです。

 

仕組みを知った時にやっと自分の身体を大切にしようと思いました。

 

…あぁ、納得…

 

私、この仕組みを知った時に

涙が出そうでした。

 

 

今までの過度なダイエット


粗悪なサプリや

 

美味しくも何ともない置き換え食品。

 

好きでもないハードな運動やウォーキングをして


自分の身体を痛めつけていた事を思い知りました。

 

自分の身体を

 

もっと大切に労ってあげようって決めました。

 

 

そして1番身体に悪いのがストレス。


NOと言えるようになりました。

 

(嫌なもんは嫌ってちゃんと言わなきゃ駄目なんですよっっ!!!曖昧にしていたらゴリゴリ来る厚かましい人いますからね!!!!笑)

 

 

違和感を無視しないこと。

 

今、ちょっとした違和感や不調を感じている方。

 

イライラや、冷え性、肌荒れ、肩こり、倦怠感

便秘、不眠・・・

 

無視して通り過ぎないで下さい‼︎

 

肌や身体、メンタルの「今」としっかり向き合って下さい。

 

 

これらのちょっとした不調は

貴方の「今」起きていることを

気付かせる為のメッセージです。

 

 

 

通り過ぎてしまうと、

(私は何度も何度も通り過ぎていますが。笑)

 

ホルモンバランスはどんどん乱れます。

 

自律神経のバランスもおかしくなります。

 

フェロモンも色気も無くなります。

 

肌ツヤとも大きく関係しています。

 

生理がきちんと来ていても、

ちょっとした不調が続いたり

ホルモンバランスがおかしい。


って感じるケース

 

実は生理が順調でも排卵していないケースもあるので

毎朝基礎体温を測ってみて下さい♪

※違和感がある時はきちんと婦人科に行くことです。

 

女性ホルモンのバランスを整える為に

 

・日々の食事が凄く重要ポイント

 

・温めること

 

・身体の流れを良くすること

 

・呼吸

 

・SNS中心にならないこと

 

・常に自分軸でいること

 

 

これ、全部私が昔出来ていなかったことばかりです。苦笑

 

特に、

内転筋やヒップの固さは

女性ホルモンと大きく関係しています。

 

ストレッチやマッサージをして

身体の中から流れを良くすること。

 

日々のちょっとした心掛けで

身体の血流をUPしておきましょうね♪

 

外見を綺麗にするのは大切。

 

でも、そのためには

こういった中身が如何に大切か。

 


私自身が痛い程、
思い知った事実です。

 

 

浮腫み解消は勿論

女性ホルモンを整える為に

マッサージやストレッチを継続をする事が

 

冷え改善や綺麗なレッグラインに近付くコツです。

 

 

そして、

女性が1番気を使って欲しい部位は

 

 

首〜鎖骨〜デコルテライン

 

 


様々な不調が改善するだけでなく

女性としての運気UPや色気UPにも繋がります。

 

 

年齢に逆らうのではなく

綺麗に年齢を重ねる為には


女性ホルモンのバランスは避けて通れません(*^^*)

 

一人ひとり、性格も体質も肌質も習慣も違います。

 

だから今のお悩みは同じでも原因も対策も違います。

 

 

今の自分を向き合い、先にある幸せを掴みましょう♪

 

たるみ専門家 美脚専門家 鎖骨美人デザイナー®

高橋ふみhttps://esperanzacorp.jp/