長年のダイエット依存症から解放されてわかったこと。

※2019年10月Rewrite

 


美容コンサルタント 高橋ふみです。

 

 

私は数年前までダイエット依存症でした。

 

{7B22F9C7-F9DC-430D-9448-DE9D305BB849}

 

こちらは2年前ですが、

この頃より10キロ痩せていた^^;

 

決して不健康なダイエットをしていたわけではないのですが

 


とにかくストイックでした^^;

食べないダイエットではなく、

 

気が乗らなくても毎日約4キロ以上歩き

 

全ての食材の重さを量り

 

全ての食材のカロリーを計算し、

 

1日1200カロリー。

 

プラス運動(お家で)もしていたので


不健康な痩せ方では無かったけど

見た目かなり老けていたり、

肌にも潤い無しでした^^;

 

 

でも、

 


ある日有ることがキッカケで

バカバカしくなったんですよね。

 

 

更にリウマチ発症してから運動が出来なくなり

(実際運動が嫌い。ワクワクしながらやっていなかった。汗)

習慣にしていたウォーキングも困難に。

 

車での移動が殆どになったのも重なり、

当然体重が激増しました。

 

それでも治療をする必要があるくらい症状が酷く

日常生活を送るのが精一杯でした。

 

だからこそ、


ダイエットに対して意識をフォーカスする事を自然にやめられたのかもしれません。

 

 

カロリー計算なんて馬鹿馬鹿しい、

 

ストイックなダイエットなんてもう、やめよう。

 

 

長年、

体重史上主義だった私に

ようやくピリオドを打ちました。

 

 

治療開始してからは単純に

綺麗に歳を重ねたい。


と思いました。

 

それでもやはり

体重は激増して行く事が

凄く嫌で嫌で仕方がありませんでした。



何故なら20年以上前に

 

「あと5キロ痩せたらデートしてやる」


と言われて振られた過去があるから。


→ふざけんなっつの。今ならぶっ飛ばしてやる。

 


だから

太っている私は女として終わっている

と言う潜在意識が植え付けられていたのです。

 

でも、

その頃(リウマチ治療開始してから)から

肌やスタイルを褒めて頂く事が増えたのです。

 

 

私が何をしたか??と言うと…

 


・栄養摂取方法を変えた

 

・ダイエットに良いと言うより、美肌になる食べ方に変えた

 

・ホルモンバランスを有りきの食生活と生活習慣に変えた

 

・カロリー計算をやめた

 

・運動が大嫌いなので、
お家で出来る代謝アップ方法を考えた

 

・曲線を残しながら、

部分痩せする方法を実践した

(効果はバッチリでした)

 

・大好きなチョコを我慢するのをやめた

 

{5003869F-1F31-4630-BECA-549814635D41}

 

 

 

まー、職業柄…

オタク魂炸裂!なんですけど。笑

 

その結果、明らかに体感した事は

 

 

・糖質のドカ食い、過剰摂取が無くなった

 

・どうでも良いものを食べなくなった。駄菓子とか。
(本当に食べたい!と思う物だけを食べる)

 

・肌艶が明らかに良くなった

 

・体重が増えたのに、
スタイルを褒められる事が増えた



・肌ツヤを褒められる事が増えた

 

・ホルモンバランスが整った

 

・仕事のご依頼が増えた

 

 

なんだか、
今まで必死にダイエットにしがみついていたのに

 

色々な悩みや不調が


気付いたら解消していました。

 

 

 

だって、愛するスイーツを我慢していたんですよ??

 

 

そりゃ、

ドカ食いに走って当然ですよ!

 

実は、、糖質のドカ食いって、

 

デブになるだけじゃなく、

アンチエイジングの大敵です。

 

 

ドカ食いすると、身体の中ではこんな事が起きている。

 

血糖値が急上昇して

 

血糖値を下げようとして膵臓からインシュリンが分泌される。

 

 

血糖値が下がりすぎ、スイーツが食べたくなります

 

 

満腹なのに、何故かまだまだ食べたい

 

この血糖値の乱高下が繰り返されると、

血糖値の調整が上手く出来なくなります。

 

 

その結果…表れる現象とは

 

・自律神経の乱れ

 

・糖尿病になりやすくなったり

 

・粘膜の質が悪くなったり

 

・当然、美肌からは遠ざかります。

 

 

因みに、

膵臓から分泌されるインシュリンは


肥満ホルモンとも呼ばれます^^;

 

 

ドカ食い、食べ過ぎの度に


インシュリンが過剰分泌されると、

 

脂肪細胞がどんどん膨らむ!!というわけです。

 

 

 

 

更に

糖質の過剰摂取により肌に対して、どういったことが起きるか??

 

美肌を作る為に必要なのはタンパク質。

 

タンパク質代謝させるのが

ビタミンB群ですが、

 

糖質を代謝させるにも

ビタミンB群は必須栄養素なのです。

 

糖質の過剰摂取により、

どういったことが起きるか??

 

ビタミンB群の大量消費により、

ビタミンB群不足

 

 様々な肌トラブルに見舞われます。

 

(ビタミンB群はマグロ、カツオ、秋刀魚、鯖、鰻、肉類など。)

 

 

カロリー史上主義になってしまうと、

 

大抵がこう言った大切な仕組みを理解せずに

カロリーばかり気になります。

 

 

今日はあと200カロリーだけ残っていたから夕飯お菓子にしちゃいました!

 

シュークリームか、おにぎりなら同じカロリーだからシュークリーム食べて良い?

 

 

って言う白眼になるような質問はしないでくださいね。笑

 

 

それから…

 

カロリーzeroの清涼飲料水や◯◯スイー◯の過剰摂取は

痩せるどころか、肥えます。

 

自律神経やホルモンバランス崩します。

 

綺麗に歳を重ねるには、

 

 

・何をどのくらい

 

・どんなタイミングで食べるか?

 

・食事は、楽しむ。

 

・体重じゃなくて、見た目

 

・女性ホルモンバランスを整える

 

・冷えを解消して代謝を上げておく

 

部分痩せは、代謝を上げておくと更には加速します^^

 

先ず、

数字(体重)ではなく

 

鏡の前の自分としっかりと向き合ってみて下さいね(*^^*)

 

 

たるみ専門家 鎖骨美人デザイナー 美脚専門家

高橋ふみhttps://esperanzacorp.jp/