日焼け止めを塗るだけが紫外線対策ではありません

美容コンサルタント・高橋ふみです。

 

 

紫外線がかなり強く成ってきました!!

 

【紫外線を浴びた時に発生する活性酸素って?】

 

アンチエイジングの大敵の活性酸素は

《過酸化水素、スーパーオキシド、一重項酸素、ヒドロキシルラジカル》

 

中でも紫外線を浴びた時に発生する

『一重項酸素』は、

 

肌のコラーゲンやエラスチンを破壊して

光老化させます😱

 

→これがたるみだけでなく、シワやシミなどの原因です。

 

ジワジワと進んでいく為…

凄く厄介です!!

 

この一重項酸素を処理してくれる食材のうちの一つ。

サーモンに含まれる『アスタキサンチン』💕

 

 

その他抗酸化ビタミン(A,C,E)やポリフェノールなども効果的です。

 

これをどんなタイミングで食べるか?

が凄く大切。

 

日焼け止めを塗ってお終い♪

だけが紫外線対策ではありません。

※日焼け止めによる紫外線対策は基本中の基本です。

 

紫外線浴びた後の応急処置次第で

お肌も身体も大きく変わります。

 

身体、肌を錆びたままにするかどうか?という事ですね。

 

スキンケアもインナーケアも大事です(*^^*)

 

たるみ専門家 鎖骨美人デザイナー 美脚専門家

高橋ふみ 

綺麗に年齢を重ねる為に。女性にとってめちゃくちゃ必要

美容コンサルタント 高橋ふみです。

 

普段口にする物の大切さは常々綴っていますが

更に何をどんなタイミングで

どんな気分でどんな空間で食べるか

めちゃくちゃ大切です。

 

 

そう言えば、しょっちゅう食べているけどblogに登場回数が少ない‼︎


オメガ3のDHA,EPAを豊富に含む青魚🐟


血液サラサラ効果はもちろん

EPAは抗炎症作用、アレルギー抑制、紫外線によるダメージを抑制したり、肌を内側から美しくする効果があります。

 

食べたい‼︎と思った時に直ぐに食べられる鯖缶を常備してあります。
意外なんですが、めちゃくちゃ合う

 

 

 

 

サラダ🥗に鯖缶のっけ。

 

 

 

 

blogには肉ばっかり登場していますが、笑

バランス考えながらお魚も頂きます!

 

タンパク質は、肌や身体、ホルモンバランス、メンタル面でも適量必要です。
無い!と思った時に手軽に摂取出来るように、ゆで卵を作っておいたりツナ缶や、秋刀魚、鯖の缶詰など常備しておくと便利ですよ

 

 

内側から攻めるのは、毎日の習慣。食べる時の気持ちや空間も大切にしています^_^

 

たるみ専門家 美脚専門家 鎖骨美人デザイナー

高橋ふみhttps://esperanzacorp.jp/

たるみ専門家としては見逃せない♥内側から綺麗になる方法

おはようございます♪

美容コンサルタント 高橋ふみです。

 

 

元々鶏もも肉は大好きなのですが、

家族も大好きなので登場回数が多いです。

 

 

 

 

 

味のアレンジも利くし、あれこれ下味付けてジップロックなどに入れて漬けておいて焼くだけ!

 

 

この日は、塩麹漬け

 

 

簡単で美味しいのも嬉しい。

 

更に、栄養面で言うと。

Blogで、たんぱく質の重要さ(肌や筋肉、ホルモンバランス)など記事にしておりますが

 

実際、たんぱく質を摂取したら、

それがそのまま肌がになるわけではなく

 

摂取して分解されて出来たアミノ酸がビタミンCと合成されて

ヒドロキシプロリンと言うコラーゲンの主成分と成るものが作られます。

 

このヒドロキシプロリンが多く含まれているのが鶏もも肉♥

 

たるみ専門家としては見逃せません!!

 

だからと言って、こればっかり食べているわけではありませんので悪しからず!笑

お魚も旬なものを食べますし、

お肉も色々な種類の物を摂取してバランスを整える必要がありますよね。

 

食べる時は、コラーゲンの主成分♥って思いながら

細胞から綺麗になっていくイメージで食べれば良いのです。

 

すっごくイメージって大切です。

 

ちなみにこの日は、バジルオイル漬けでした。

ジェノベーゼソースが沢山余っていたので、ジップロックの中で漬けたものを焼いただけです。

 

焼き上がり♥

 

{54FE356B-F30D-47B9-82F4-24749DEF9D40}

 

断面図。肉汁がたまらない♥

 

{36D312CC-1979-49F5-8A75-694A1FA49461}

 

その他、照り焼きとか塩麹、醤油麹、味噌味など

アレンジが効きますので

味付けしてジップに入れて冷凍しておくと、忙しい時も楽ちんで美味しいおかずになりますよ♪

 

たるみ専門家 鎖骨美人デザイナー 美脚専門家

高橋ふみhttps://esperanzacorp.jp/

ホームケアだけやっていればOKではありません。ハリと弾力のある素肌の為に…

美容コンサルタント・高橋ふみです。

 

口にする物って本当に重要。

あまり神経質になりすぎるのもどうかと思いますが

 

ある程度意識することは大切です。

 

野菜ばかりでもなければ、米を抜くわけでもなく食べ過ぎるわけでもない。

適量のタンパク質も必要。

 

日々のたんぱく質は、育ち盛りの息子や

主人→糖質ラブ(笑)の為にも色々と考えています。

 

更に

プロテインスコアや

女性ホルモンのバランスを整えたり

メンタルにも影響があるし

 

勿論、お肌の為には必要不可欠!

 

 


動物性蛋白質については、

賛否両論有りですよねー。。。

 


お肉はダメとか、

 

食べない方が良いとか。

 

私自身が数年前から行っている

栄養療法の観点からお話すると、



適量の

動物性蛋白質は必要です‼️

 


こう書くと、

 

肉とか魚を

食べ過ぎてしまう人が出て来ない事を願います。

坂◯さん並にゆで卵10個とかww

 


敢えて・・・
適量とします(笑)♪

 


大豆製品などの

植物性蛋白質だけじゃあダメなの?

 

と言う意見もあります。

 


勿論、身体の調子や前後のメニューによって
時々植物性だけにするのは有りだと思いますが、

植物性蛋白質「だけ」ではなく、

きちんとお肉やお魚、

卵も取り入れた方が

確実に身体にもお肌にも良いです。

※アレルギーや疾患等で食べられない方を除く

 


何故なら、大豆製品(植物性蛋白質)などは

※プロテインスコア56くらい。

 

卵が100、秋刀魚が96

比べると低いですよね。

 

※プロテインスコア・・・タンパク質に含有される、9種類の必須アミノ酸のバランスのことで、100に近い程、良質なタンパク質源と言われています♪

 


特に必須アミノ酸の中でも

リジン、メチオニンが少ない。

 


どう言うことかと言うと

メチオニン

 

開始タンパク質と言われ
身体でタンパク質を合成する際に、
最初に必要とされるアミノ酸だからです。

 

そして、リジンハリ・弾力などの元

つまり、コラーゲンの材料となるアミノ酸です。

 

つまり、、

美肌の為には必要不可欠です♡

 

そして

大豆製品は、

プロテインスコアを見ると低め。

 

リジンやメチオニンが少ないけど、
摂取仕方によってはプロテインスコアが高くなります

 


例えば…

納豆に卵を加える。(卵は、プロテインスコア100)


豆腐に鰹節をかける(鰹節は、トリプトファンが豊富)

 


などの工夫をすれば良いと思います♪

 


なんでも、

これはダメ!!あれもダメ!!だと

わけがわからなくなりますからね。。

 

バランス良く
臨機応変に。

 


ちなみに…

 


真皮にある、

 

コラーゲンとエラスチンは
ハリと弾力を保つのに必要で

 

紫外線や老化、栄養の偏り、間違ったスキンケアなどによって、

減少し、それがたるみにつながります。

 



高価なコラーゲン入りのクリームを塗ってみたり
自己流でマッサージしてみたり
サプリ飲んだりしてるけど

たるみ解消しない・・・

のは当然かもしれません(;_;)

 

◯◯だけ……という方法ではなく、枝のうちの1本と考えて

 

全てのバランスが大切です。

 


✔必要な栄養素

 


✔使い方次第で効果倍増するスキンケア法

 


✔たるみ(ほうれい線)の正しい知識

 


✔リンパマッサージや表情筋アプローチだけでなく、筋膜の癒着も取る。

 

食事はとっても大切です。

 

でもそれだけではなく、正しいホームケア(マッサージやスキンケア)などを

 

スキマ時間に継続することが大事です。

 

{98B6DC03-6630-498B-A771-9A74FB39443C}

 


左2014年の私。

強い薬を飲み始めて約4~5ヶ月後です。

 

普段、痛み止めも飲まなかった私なので
当然わかりやすく身体や顔が反応しました。

 

それで、色々と試行錯誤を繰り返して
右は一昨年です。(現在も生物学的製剤オレンシアの投与は行っております)

 

まずは日々の食生活を見直してみること。

 

改善点が沢山ある!!と言う方は

更に綺麗になる!!と言うことです^^

 

いくつからでも変われます。

その気になれば♥

 

本気で変わりたい!

と言う方は本当に変わっています^^

 

image

 

image

 

私も本気でお付合いしております^^

 

たるみだけにガッツリと言うコンサル希望ではないけど…

という方にはこちらがお勧めです♪

 

NEW☆とにかく変わりたい‼︎方へ。3か月beautyプロデュース

 

たるみ専門家 美脚専門家 鎖骨美人デザイナー

高橋ふみ  https://esperanzacorp.jp/

乾燥、ニキビ、シワ、風邪を引きやすい・・・もしかしたら◯◯が不足しているかも?

美容コンサルタント・高橋ふみです。

 

なんだかインフルエンザが流行していますね(T_T)

皆様、風邪引いていませんか?

 

 

そしてこんな症状ありませんか?

 

✔︎肌の乾燥が酷い

 

✔︎風邪をひきやすい(治りにくい)

 

✔︎ニキビや吹出物が出来やすい(治りにくい)

 

✔唇のカサカサ乾燥が酷くなった

 

✔︎シワが気になり出した

 

……もしかしたら…

 

ビタミンA不足かもしれません!!

 

 

肌の乾燥は

肌のターンオーバー(28日周期の肌の生れ変り)を正常にすることが大切。

年齢重ねるほど、ターンオーバーの周期は乱れます(>_<)

 

 

ターンオーバーに必要な栄養素のひとつとして

 

【ビタミンA】

 

 

 

人参は脂溶性なので油と摂取する事でβカロチンの吸収が高まります。

 

ビタミンAは皮膚粘膜を守るので、肌の潤いの為にも❤️

 

更に皮膚の粘膜だけでなく

喉や口、等身体の粘膜を守ってくれます。

 

その他、レバー、ウナギ、卵黄などにも含まれています。

 

ターンオーバー周期を整える事は、

乾燥だけでなく、シミ、シワ、タルミ対策にも繋がりますね!

 

だからと言って、人参ばっかり食べないように!!笑

 

食事と合わせて、日々のスキンケアでもしっかりとターンオーバーを整える必要があります。

 

マッサージや正しい適度な角質ケアなど、

本当にやるかやらないか?で確実にお肌の状態が違います。

 

それは私自身は勿論ですが

現在個別コンサルティング中のクライアント様が証明して下さっています♪

 

そして

ホームケアに勝るものはないと痛感しています。

 

マッサージやストレッチなどのホームケアは自分を労る行為です。

自分を労り、リラックスさせ、大切にすること

=自分を愛するということによって

 

貴方をどんどん美しく変えます。


内面も外見も変わります(•ө•)♡

 

たるみ専門家 鎖骨美人デザイナー 美脚専門家

高橋ふみ https://esperanzacorp.jp/

この冬を乗り切る乾燥対策【身体の中から美しくする】

美容コンサルタント 高橋ふみです。

 

ここ数週間で、ぐんと寒くなって来ましたね❄️

寒くなると、朝の身体の痛みは勿論ですが

女性にとって、大敵なのは

お肌の乾燥!!

 

潤っていた私ですが

少し乾燥が気になり出しました。

 

先ずは、食生活の見直し!

 

普段バランス良く食べてはいますが、

この時期は、dryスキンに効果テキメンな食材を。

 

いつもより多めに摂取して

ちょっとした心掛けをしています。

 

多めと言っても、一気に食べるのではなく

一日の中に散りばめて小まめに摂取しますよ♪

 

以前も書きましたが、

美肌を作るのは、良質なタンパク質です。

 

ビタミンB2

 

ビタミンB2はお肌や髪の毛、爪を美しく強く保ち

ターンオーバーを正常化してくれる栄養素です。

特に乾燥対策にはお勧めです。

 

朝はきちんと

 

image

 

プロテインスコア100の卵を入れてみたり

その他、レバーや納豆、うなぎなどにも含まれています。

 

そして、女性ホルモンのバランスを整えてくれる上に

身体の酸化を防いでくれて美肌効果が高いのは

ビタミンE.

 

アボカド、アーモンド、かぼちゃ、モロヘイヤ等。

 

特にビタミンEは冷え性や血行不良等にもお勧め栄養素ですので

この時期は積極的にメニューに取り入れたいですね♪

 

そして

ビタミンA

人参やカボチャなど。

 

そして、やっぱりお肌には

 

ビタミンCですね

 

{57B2D749-02C5-4B29-9A52-F7F82C671D5A:01}

 


ただしビタミンCは一気に摂取しても

排泄されてしまう為、朝昼晩にわけて

こまめに摂取するのが大切です。

 

あとは、動物性蛋白質と植物性蛋白質をバランスよく摂取しつつ

高野豆腐やこんにゃくの煮物は美肌には鉄板メニューです。

 

高野豆腐の事はよく書いていますが、高蛋白低カロリーでお勧めです。

 

そして、やはり酒粕をお味噌汁やスープに溶いて食べるようにしていますが

お肌の潤いが全然違います!

 

私は揚げ物は食べませんが、

オリーブ油や亜麻仁油など良質な油は適度に摂取します。

 

油抜きダイエットなんて、カサカサになるだけです!

良い油を、適度に摂取してみて下さい♪

 

女は潤ってなんぼ。笑

 

昼は外食の場合は、好きな物を食べ

お家では和食中心。

夜は、炭水化物は食べず

必ず野菜とタンパク質を食べます。

 

ただ、夜なので胃に優しいタンパク質にします

この時期は、鍋とか最高*^◯^*

〆は、次の日の朝ごはんに回します

 

以前は、太るかも?と言う理由で

夜の炭水化物を控えていたのですが、、

習慣になってしまい夜は食べられなくなりました。

 

身体の中(栄養)から潤うような食生活は大切です。

ストイックになりすぎず、適度に意識しています。

 

ちょっとした心掛けですが、

なんとか潤ってます^^

 

ホームケアだけで変わらないという場合は

食生活を見直してみると良いでしょう(*^^*)

 

気付いた事、

知った事、

行動にうつしてみると

 

一週間後、3か月後、半年後、数年後…

必ず変化があります。

 

今の自分を作っているのは、間違いなく過去からの積み重ねです。

 

まずは信じて行動から始めましょう♪

 

たるみ専門家 美脚専門家 鎖骨美人デザイナー 高橋ふみ

https://esperanzacorp.jp/

常日頃から身体を錆びさせない生活

美容コンサルタント 高橋ふみです。

 

【常日頃から身体を錆びさせないために】

 

身体を錆びさせる活性酸素。

毎日呼吸しているだけでも発生しています。

 

いつも書いていますが

特に紫外線による活性酸素は

 

シミだけではなく、シワ、たるみの原因。


うっとりと潤う素肌を作る為には♡

 

まずは内側から。

 

例えば…

・アントシアニン(ベリー類)

 

{ECC1BF64-C692-4B4C-954F-83E6516F9892}

 

 

・βカロチン(かぼちゃ、人参、トマト、小松菜、ブロッコリー)

 

{77016E30-C527-44F1-A9E4-45EDF0747753}

 

 

野菜や果物ばっかりでもNGです。

動物性、植物性のたんぱく質をバランスよく摂取すること。

 

 

image

 

これらは一例ですが、

身体の中からもUVケアが必要です‼️


更に、

摂取するタイミングにより メラニンを最小限に抑制します。


※少人数様期間限定で

シミもたるみも両方気になる‼︎個別コンサルティング募集しております。  脚痩せコースとの組み合わせも可能です。

 

たるみ専門家&鎖骨美人デザイナー 高橋ふみ

https://esperanzacorp.jp/

ニキビ、吹出物改善の為の栄養素

おはようございます。
美容コンサルタント・高橋ふみです。
 
 

【吹出物・ニキビには…】

 

これに悩む方は多いですよね

 

ニキビには「ビタミンC」

…は勿論大切ですが

 

「ビタミンA」や「鉄分」も忘れずに‼︎

 

ビタミンAは

皮膚粘膜を守り潤い肌をつくるにも、

ニキビや吹出物の改善にも

大活躍してくれます✨

人参はよく登場(*^^*)

 

 

鉄分は、動物性のヘム鉄がオススメです。

カツオ、牛赤身肉、マグロ、アサリなど

 

化粧で隠せない程のニキビ面に何度も悩まされましたが、今は跡形もありません。

 

こんな時には(そうなる前には)

何を食べたら良いか?

 

一気に大量に摂取するのではなく

毎日少しずつの意識(*^^*)

 

これしかないです💜

フェイスラインの吹出物、ニキビについてはこちらをご参照下さいませ^^

 

たるみ専門家&鎖骨美人デザイナー 高橋ふみ

https://esperanzacorp.jp/

 

鶏胸肉の疲労回復効果と美肌効果

 美容コンサルタント・高橋ふみです。

 

そろそろ体力を消耗する季節。

これからの季節を乗り切るには

炭水化物だけに偏らないメニューにする事。

 

その為には、良質なタンパク質は必須。

炭水化物だけに偏ると浮腫み易くなります💦

 

美容と健康の為にも、

アスリートにもオススメなのが

【鶏のムネ肉】

 

 

高タンパク&低カロリーなだけの

ダイエット向けのイメージがありますが

 

ビタミンB群、ナイアシンが多く、

・ビタミンB群は、美肌作りに。

・ナイアシンは、疲労回復や粘膜、消化器系の保護してくれます。


胸肉に含まれる

【イミダペプチド】


・疲労回復に大変効果がある事が

医学的に証明されている


・細胞の損傷や酸化を抑える

イミダペプチドは、

ヒスチジンとアラニンのアミノ酸が結合したもの。

 

また、

・自律神経の調整作用も認められているようです。


 

綺麗になるにも

身体を強くするにも

 

◯◯だけという考えではなく

内側(栄養面)と外側(マッサージ、ストレッチ、トレーニング)からの

Wアプローチが必要と言う事です^ ^


たるみ専門家&鎖骨美人デザイナー・高橋ふみ

https://esperanzacorp.jp/ 

ストレス過多と自覚している時、何食べる?

 

美容コンサルタント・高橋ふみです。

 

ストレスが適度にある方がメリハリがあって良いと私自身は感じるのですが…

全くストレスが無いと言う方は殆どいないですよね。

 

でもどうしようもない時って誰にでもあると思うんです。

 

ストレス過多だと自覚している時!

イライラしたら甘いモノ‼︎

 

ではなく、

ビタミンCやたんぱく質をしっかり摂取します。

 

{A217526A-46E8-4041-AF99-683D72B35EFA}

 

ストレス過多状態の時は、

身体がビタミンCを大量に消費します。

 

ストレスと対抗してくれるのが副腎

 

【副腎】…腎臓の上についている臓器でホルモンを分泌する内分泌腺。


ここ副腎の材料が、ビタミンCとたんぱく質、(パントテン酸も)なので

自分がストレス状態にあると感じる時は

 

特にビタミンCはこまめに摂取しつつ

たんぱく質も適度に。

当然、野菜だけとかにはしません♪

 

特に、女性は生理前の黄体期になるとイライラするケースが多いです。

 

私もです(-_-;)

でも、これもだいぶ少なくなったんです。

 

ホルモンバランスによるイライラや肌荒れについては

どんな状態の時に、

どんな時期に

どんな栄養素を摂取して

どんなスキンケアをするか? が大切です(*^^*)