エラをどうにかしたい!原因と対策について

美容コンサルタント・高橋ふみです。

 

先日書きました、こちらの記事

 

顔のタイプ、お悩み別・原因と対策

 

やはり興味がある方が多いようですね!

 

読んで下さり、ありがとうございますm(_ _)m

 

 

本日はエラについて。

 

 

実は私も最近ある癖から出来ている時期がありました。

(現在は解消しました!)

 

鏡を見ている時に、

 

あれ?って思って。

 

なんだかいつもと違う癖が出ている

とは思っていたのですが、

 

それと同時にエラが発達しているのも目で見てすぐにわかりました^^;

 

image

 

 

エラと言うと、骨格の問題だけ

と思われがちですが…

 

削らなくても

自分で解消出来る方法はあります。

 

 

 エラ どうにかしたい‼︎

 

<エラが気になる場合は>


食い縛りにより咬筋が発達する。


側頭筋が固くなる。


後頚部の筋肉群の緊張状態


顎の骨が発達


フェイスラインのリンパの詰まり


広頚筋の縮まり

 

など…が挙げられますが

 

エラの部分をゴリゴリと押すよりも

まずは頭や首をチェックです。  

 

側頭筋には顔の神経が集中していて、顎とも関係が深いです。

 

そして首の後側が凝り固まっている場合もエラに繋がるのです。

 

常に姿勢(前肩にならないように)を意識し

頭が前傾した状態を極力避ける。

 

とは言え、現代人は前傾姿勢で仕事をする時間が長いし

母の立場からすると抱っこしたり、家事をしたりも

前肩状態になりがちですね。

 

この頭の前傾姿勢が続くと、頭を支える後頚部の筋肉群が

常に緊張状態になり、凝り固まります。

 

たるみやエラだけでなく、頭痛にも繋がってしまうので。

 

時々、

頭の後ろで両手を組み

ゆっくりとグーっと押して後頚部の筋肉群を伸ばしてあげること。

 

その後は、後頭部に手を組んだ状態で上を向いて

肘と肩甲骨を引き上げてあげると

僧帽筋のストレッチが出来ます。

 

一見、エラやたるみと関係なさそうなのですが首は重要です。

 

そしてやはり咬筋

 

 


画像はwikipediaより。

深部と浅部は私が記入しました。

 

これは、どんなお悩み解消にも万能に役立つケアです。

 

但し、咬筋は深層筋と浅層筋とわかれていて

広範囲に渡っています。

 

赤の濃い(広い)方が浅部

狭い方(耳に近い方)が深部

 

 

 画像はwikipediaよりお借りしました

 

なので頬の下だけゴリゴリやっていても

意味がありませんし

 

解消しません。

 

浅層筋の部分、深層筋の部分

位置を把握して

しっかりとアプローチが必要です。

 

これが、マスターするのが結構難しいようで

 

クライアントの皆様、1回目〜2回目の間に結構苦戦します^^;

 

そして、コンサル期間終了したら自己流になってしまっている方もちらほら(*^^*)

 

エラをどうにかしたい!

と言っている方は本当に多いです。

 

彼女は、エラがかなり改善した典型例です。

 

 

image

 

 

image

 

 

彼女もかなりスッキリしました♡

 

image

 

彼女達を始め、エラ解消したい方へのアドバイスは

 

咬筋の深層筋&浅層筋アプローチ

 

ストレッチを組み合わせて効果が全く違う側頭筋アプローチ

 

耳周りの筋肉、リンパ節へのアプローチ

 

頸部へのアプローチ

 

エラへのダイレクトケア

 

イメージトレーニングを取入れたホームケア

 

こうやって書くと難しそうですが…

実はお二人共、ホームケア初心者でしたが

 

すんなりと日々の生活に取り入れる事が出来ました^^

……一つだけやれば解消する!

というわけではありません。

 

本当にエラが目立つ場合や

御本人が整形レベルの変化を求められる場合は

私のメソッドでは解消は出来ないので

その場合は、きちんとお伝えさせて頂いております。

 

ですが、上記のこれらの原因がエラに繋がっているとしたら

写真の彼女達のように、私のメソッドにより自分で自分の顔を変えられるというわけです。

 

エラをどうにかしたい!

でも整形はまだ…という方

自分で何とか変えたい!という方

 

是非個別コンサルティングにてお待ちしております^^

 

たるみ専門家 鎖骨美人デザイナー 美脚専門家

高橋ふみhttps://esperanzacorp.jp/