肩幅コンプレックスから生まれた【鎖骨美人メソッド】

美容コンサルタント 高橋ふみです。

 

コンプレックスをどうやって解消していくか?

 

18年間競泳選手だった私は、肩幅の広さに大きなコンプレックスを抱えていました。。


今の競泳選手はスタイル良くてめちゃくちゃ綺麗な子が多いんですが

過去の私はくびれも無いし、

鎖骨も埋まっていた!

 

もうね、ガンダムですよ。笑
ガンダムファンの皆様、大変失礼致しましたm(_ _)m

 


でも今は強みに変えました。

 

正直時間は掛かっていますし、

まだまだ現在進行中ではありますが
色々考えながら試行錯誤を繰り返して


自分に合った方法を追求していく事が大好きです♡

 

こういった記事を書いている時や

鎖骨美人、美脚作り、たるみ改善(自分の顔は自分で作る)メソッドを作っている時筋肉の本を読んでいる時…


私は、無になっています。
要はオタクです。笑

 

無理しているわけでもなく

辛いと思った事は一度もありません。


その先にあることが、

必ずPLUSになるに違いないと信じて疑わないので

無駄な事なんて何一つないのです。

 

そして、そのメソッドを同じお悩みを抱えている方や

ブライダルコンサルを受けてくださる方に

鎖骨美人メソッドをお伝えして

綺麗になっていく時の嬉しさと言ったら、、

 

本当にたまりません。

 

 

 

肩幅のコンプレックスについては

カッコイイ!
今まで水泳頑張ってきて肩幅が広くなっているんだから誇りを持つべき!


と言ってくれる友達もいますが

とっても有難いのですが、
これはね、、本人じゃないとわからないのですよね。^^;

 

決して過去を否定しているわけじゃないのです。

(ね、ガッツリ泳いで青春を捧げて来た方ならわかりますよね!)

 


まず、着たい服が着られない(;_;)

電車の席に座ると隣の席の人とぶつかるので斜めに座るとか(;_;)

 

特に女性なら、、この気持ちわかりますよね~(苦笑)



骨を削りたい!!と本気で考えた事もあるくらい(笑)ですが、
骨格なので、まずは肩幅を狭く「見せる」方法を考えました。

 

一つは、

鎖骨のラインをくっきりと出す=鎖骨美人になっちゃえば良い!

 

image

 

この写真は高橋ふみ本人です。

無断転用は著作権侵害にあたります。

 


鎖骨のラインについては、かなりの拘りがありまして
施術でも特にブライダルのお客様への鎖骨出しは

得意ワザになってしまった位

 


このラインをスッキリとさせるだけで、肩幅が強調されなくなります。

 

朝の洗顔時から始まる鎖骨アプローチ。

鎖骨のリンパ節を優しくマッサージする。

イメージとしてはアイスクリームをすくうように。

 

この時、引き合うようにしてストレッチも加えるのがポイント。

 

すると…胸鎖乳突筋の長さが出ます。

 

image

 

この部分。

 

鎖骨だからと言って、鎖骨リンパ節だけアプローチするのではなく

実は重要なのが周りの筋肉群へのアプローチです。

 

良く記事にしていますが、

 

この胸鎖乳突筋こそが重要。


これは枝のうちの1本ですが、
これを気付いた時に毎日続ける事で、身体は応えてくれます。

 



そして、肩幅対策には肩甲骨。


施術の際、必ず私は肩甲骨を出す整体と

マッサージを最初に行っておりましたが、



何故、肩甲骨なのか?と言うと・・・

 


肩甲骨が埋まっている状態=前肩になっている人が多いです。
肩が前に入ってしまっていて姿勢が悪い状態ですね。
こうなってしまうと、鎖骨が埋まり肩幅がかなり広く

 

もっさりと見えます。

 

この長さがポイントなのですが、

 

前肩になると埋まってしまうので短くなります。

 

image

 




肩甲骨は、自分で行うとなるとストレッチポール。

朝晩の両方乗ります。

 


または、私はお風呂で背中を洗う時に両手を背中で組む

(右手が上から、左手が下から。。)


この動きも、肩甲骨をスッキリとさせる効果がある上に、
肩周りのお肉もスッキリするので、肩のボリュームも落ちます!

 

まずは、

 

肩幅を狭く見せる=肩周りをスッキリとさせる

簡単な方法のうちのほんの一部でした。

 

ストレッチポールや鎖骨リンパマッサージは長年続けていますが、

最近は背中を洗う時に背中で手を組む、

これも結構効いている気がしますよ^^

 

コンプレックスから始まった鎖骨作りについては

まだまだ他にも鎖骨と密接な関係がある筋肉が有ります。

 

全て繋がっている為

 

鎖骨リンパ節だけマッサージしていても

 

綺麗なラインは出せません。

 

って言いながら、PCに向き合っている時間が最近長くて…

鎖骨が埋まります(-_-;)

 

整理解剖学の視点から

又新しいメソッドを考える…

 

年々マニアックになっていきます♥

 

長年のコンプレックスの肩幅を語らせると

長くなります(笑)

 

 

たるみ専門家 鎖骨美人デザイナー 美脚専門家

高橋ふみhttps://esperanzacorp.jp/